私たちの庭:直撃レポート

マザーアースニューズ 自然 自給 DIY 社会 コミュニティ アメリカ

ミネソタ州のある夫婦は、芝生を自生植物に変え、庭のさまざまな微気候に適した豊かな庭園を実現した。

文と写真:ブライアン・デイ(Brian Day)

 妻のクリスティは、もともと庭師でした。大人になってからも、温室や造園、ファインガーデニングの仕事に携わってきました。しかし、これだけの経験がありながら、自分の庭を持ったことがなかったのです。

 それが、ミネソタ州ウィノナに引っ越してから、一変しました。あらたな仕事を始めて1年足らずで、築130年のビクトリア様式の農家を購入したのです。古いけれども、私たちの家でした。そして何より、庭があったのです。

 ウィノナはミシシッピ川のほとりの島にあります。ほとんどの家は小さな土地に建てられており、ガーデニングをするスペースは限られています。奥行きのある狭い土地に建つ建物は、庭の大部分を日陰にしてしまいます。さらに、川底の砂地とゾーン4bというウィノナの立地では、ガーデニングを志す人は多くの難題に直面することになります。

はじめる

 私たちは、ミネソタの短い成長期の6月末に家を購入し、パティオの隣にある花壇を菜園にする作業に取りかかりました。日当たりのよいこの場所から、サユリを掘り出し、シダを家の北側の日陰になる場所に移植しました。

 シダが新しい住処で元気に根を張り始めたので、クリスティはパティオの植え床に取りかかり、野菜や花を少し植えました。チトニアはフェンスの横に植え、オクラは「クレムソンスピンレス」を何列か並べました。ヨルガオの種は奥の隅にして、フェンスにネジ留めしたトレリスに沿って植えました。

 前オーナーは、多肉植物を植えたプランターボックスを置いていきました。その代わりに、タイム、レモングラス、オレガノ、パイナップルセージなど、成長の早いハーブを植えました。そして、ジョージア州の友人を訪ねたときに持ち帰ったバナナを植えて、パティオガーデンを完成させました。

 庭に対する私たちのアプローチは柔軟でした。植物を植えて成長させたかったのですが、明確な計画はありませんでした。数ヶ月間、庭を観察し、太陽の動きを見てから次の行動を起こすつもりでした。

 

 

サイドヤードの草原

 サイドヤードの南向きの草地は、日当たりがいいことがわかっていました。この場所は、ネイティブ・プレーリー・ガーデンをつくるのにうってつけの場所だと思いました。幸いなことに、この町には「Prairie Moon Nursery」という種苗店があります。そこで、芝生を掘り起こし、Prairie Moon の「Colossal Pollinator Garden」という、自生の野草や花を50株集めたキットを植えることにしました。

 私は庭を耕し、再生パレットから作った堆肥容器に芝生を運びました。 数時間以内に、場所の準備が整いました。 ランダムなパターンで苗を植え、チキンワイヤーの小さなチューブでそれぞれをウサギから保護しました。Prairie Moon は、窒素が多すぎるとこれらの在来植物が徒長して弱ってしまうと警告したため、土壌を改良することは何もしませんでした。

前庭の秋の菜園

  私たちの前庭は完全に南向きで、他の場所よりもかなり暖かく、秋の菜園に最適です。 再生木材で上げ床を作り、低いトンネル用に3つの PVC アーチ支柱を追加しました。 一連のワイヤー ウィケットは「Rouge d'Hiver」レタスなどの耐寒性のある品種を冬まで保たせるための二層目の霜除けの被覆資材を支えています。 この植え床にコラード、ケール、ターサイ、レタスを植えて、寒さが本格化する前に成長できるようにしました。

 

裏庭の植え床

  前の植え床を配置したので、裏庭に目を向けました。 雨が降るとガレージ近くのドリップラインが浸水したので、そこにレインガーデンを設置しようと考えました。 ガランドフォージのブロードフォークを出してきて、芝を掘り起こしていきました。 次に、にんにくの植え床に取りかかりました。

  クリスティは道路脇に廃材の山を見つけたので、それを使って、夏の日差しが差し込む家のすぐ後ろに大きなレイズド ベッドを建てることにしました。 最初の厳しい霜が降りた後、ウィスコンシン州の川の向こう側にある農場で購入したハードネック ガーリックのクローブを植えました。 私たちはそれらをわらの厚い層で覆い、次の春に発芽させるためにそれらを残しました。。。

 

*自動翻訳で校正前のまま、一旦公開します。

 

* 今号の記事全文は2月上旬までのご注文でご利用いただけます。こちらからどうぞ

* 今号の和訳抜粋サンプルはこちらからどうぞ

* 和訳全文は1年おきに発行される和訳電子版のバックナンバーでお楽しみください