卵を抱く雌鶏で上手に鶏を育てる

Illustration By Elayne Sears
Illustration By Elayne Sears

ニワトリの飼育する時により良い満足を得る為に、ひよこを孵化させるのに卵を抱きたがる雌鶏を使おう。

 絵に示した烏骨鶏の雌鶏は、良く卵を抱きたがるニワトリの1種だ。あなたのニワトリの中の他の種の卵を置いてみる。例えば絵の後ろの方にいるBuff Orpington種のニワトリの卵を烏骨鶏の雌鶏に孵化させて育てさせる為にその下に置いてみる。

 

ひよこを得る方法は主に4つ:孵化場にメールオーダーで(ほぼ年中)、地方の農場から(ほとんどが春のみ)、受精卵をインキュベーターに置いて(いつでも可能)、あるいは、受精卵を”卵を抱きたがってきた”雌鶏の下に置いて(たいていは春)。郵便で注文するなら、オンライン孵化場リストであなたの近くの孵化場を探せる。お店で買いたいのであれば、Tractor Supply Co. チェーンが、毎年春の Chick Days 【ひよこデー】に、ニワトリとアヒルを厳選して売っている。このお店では個別注文も受付ていて、欲しい品種を選べるし、“性別未確認”の鶏(オスメス混在)やメスのみを選ぶこともできる。

 

ここでは卵を抱きたがるニワトリを使った方法について述べる。

以下は鳥の飼育のエキスパートであるHarvey Ussery氏のすばらしい著書「The Small-Scale Poultry Flock【小規模家禽飼育】」から編集したもの。この本では、ニワトリの飼育に関して知るべきことが何でも全てアドバイスされている。  - マザーアースニューズ

 

雌鶏を使ってひよこを育てる方法には、ひよこにもあなたにも、いくつもの利点がある。母鶏は、ひよこたちに自然の食物(主に昆虫)を与え、牧草地に放牧されている時や寒い天気の時でも、ひよこたちを温かく保ち、また、外敵から献身的に守る。就巣性(自分の卵を孵化させようとする意思)を育てようとする飼育者は、健康で自立した群れを手にすることができるだろう。

 

現代の飼育法 vs 卵を抱きたがる雌鶏

 商用の交配種はたくさんの卵を産む。でも、あなたが雌鶏に卵を抱かせようする場合、選ぶのは良く無い。今日の人工孵化を用いたひよこの大量生産の時代においては、雌鶏の就巣性は不必要な邪魔なことに過ぎず、経済的な障壁でしかない。

 結局のところ、雌鶏は卵を抱いて、ひよこを育てているとき卵は産まない。

 ゆえに、現代の主たる家禽飼育では、毎日単純に卵を産む雌鶏の就巣性に反した選択をしてきた。そうすることが種の繁殖にどう影響するのか、ということも忘れて。

 多くの在来種のニワトリの雌鳥でさえ母鶏としての役割を期待できない。いくつかの品種の雌鶏(Cochins、Brahmas や Buff Orpingtons)は他よりも卵を抱くのを好む。しかし、これらの種から良い雛を見つけるのは至難の技だ。健全な育児本能を持つ雌鶏を確実に手に入れる為に、下記の「Best Broody Chicken Breeds」にリストされた品種を入手しよう。私のお気に入りで役立っている卵を育てる品種は「Old English Game」だ。他のGame種もまた良い母鶏としての特性を持っている。「Dorkings」は古代種で、きっとあなたに役立つ種。主として「Bantams」はこの特性を持ち続ける傾向が強いが、サイズが小さいゆえに、見込める1羽あたりの卵の数が限られる。

 

卵を育てるベストなニワトリの品種

 「Asil」 「 Dorking」「 Kraienkoppe」「 Madagascar Game」「 Malay」「 Nankin」「Old English Game」「 Shamo」「Silkie」

 

卵を育てる雌鶏の目星をつける方法

 卵を育て始めるのにかかる時間はとくに決まっていない。明らかに卵を育てようとし始めるまで1月か少なくとも春の産卵期ぐらいまでかかる場合もある。

 大きなばらつきを持つ別の特質で、雌鶏がシーズン中に再度卵を育てるかどうか、というものがある。多くは再び育てようとしないが、中には、2度目、3度目に孵ったひよこを育てるものもいる。

 卵を育てる雌鶏はふつう卵を孵すために新しい巣は作らない。完全に放し飼いにしている雌鶏は、飼育者の介入なしで、巣を隠し、ひとかえりの卵(孵化に備えて幾日にもわたって生んだひとそろいの卵)をそこに集めるという例外もある。しかしながら通常は、雌鶏は群れの中の姉妹が卵を産む同じコミュニティの巣で卵を育てる。

 卵を育てる能力を見極める鍵は、雌鶏が居座る巣を定めた時に注目することだ。巣の上に長くいるからといって単純にその雌鶏が卵を育てたがっていると思い込んではならない。卵を産むのに手間取っている雌鶏もいる。でも、卵を育てたがっている雌鶏は夜ねぐらに帰るために巣を離れたりしないだろう。その雌鶏はまた、禅のようにかたくなにそこに居座るだろう。手で探るとこんなことになる。雌鳥が顔を突き出して、巣の中でベタッと臥せ、すさまじく首の回りの毛を逆立て、怒って、スクローーーク!

 雌鶏が卵を育てたがっていると判断したなら、その雌鶏を卵が生まれた巣から移動させる。多くの初心者は、その雌鶏が雛を孵化させるのに選んだ普段の巣に残そうとする。しかし、その雌鶏は用を足すために巣を離れ、間違って隣の巣に戻ってしまい、温めていた卵は冷えて死んでしまうかもしれない。もしくは他の雌鶏が巣に入って卵を産みつけるかもしれない。

 

可動式ひな育成箱を作る

 私たちは、安全で、軽い、ひな育成箱を設計した。箱は、比較的簡単で高価でなく、室内外で使えるものだ。雌鳥に卵を抱かせて住まわせたり、孵化場にメールオーダーするひよこを育てる箱として使ったりできる。枠の無いワイヤーの籠で、1x2インチの溶接したワイヤ(家禽用ネットではない)製で、幅3フィートx長さ4から5フィートx高さ2フィートだ。ワイヤのつなぎ目は、J型クリップを使ってつなげている。蓋は下側へ4インチ曲げられ安全性を高めてある。大きなプラスティック容器を籠の中に据付けてある。悪天候に耐え、掃除が簡単なシェルターで、低い位置に雌鳥とひよこが出入りする玄関がある。卵を抱く雌鳥無しで、ひよこを育てるには、容器の中に電球を確実に取付ける(使う電球のサイズと取付けに用心して、プラスティック容器を溶かさないようにする)。 - マザー

 

ひな保育箱を作る

 卵を育てたがっている雌鳥を移動させる時は、出来るだけそっとやらなければならない。動かすのは夜のみで、あらかじめ用意しておいた、群れの他のメンバーから物理的に隔離されて孤立化した巣箱に移動させる。自分自身の卵を置いてもいいし、その雌鶏が、新しい巣になじむように、始めは偽のプラスチックか木製の卵を置いてもいい。(ゴルフボールやなめらかな石を使うこともできる。形やサイズが大まかに卵っぽいものなら何でも。)

 孤立した場所かひな育成箱、人目につかない片隅でも大丈夫。雌鳥には、巣に十分なスペース、餌、水、そして羽を伸ばし糞をする場を用意する。ダンボール、廃合板、ワイヤーフェンスなど(他の雌鶏と引き離す為の仕切り作りに都合が良い物なら何でも)を使う。

 雌鶏による孵化をたくさんするなら、長持ちするヒナ育成箱を作りたいだろう。私は群れが休む場所をつぶさないよう巣箱を壁に取り付けるのが良いと思う。各々の箱は、少なくとも24×30インチと高さ16インチ必要。べた床よりもワイヤーメッシュ(ハーフインチの鋼製金網がベスト)を使おう。ワイヤーにすると換気も良くなるし、スクレーバーで糞をこそぎ落とせるので掃除も楽。巣にはダンボールを側面でカットして使える。ダンボールは繁殖期の終わりには、良いマルチになる。また、廃木材や合板でもよい。巣の材料(黄麻布、わら、経木といったようなもの)をまとめておく為に側面は4インチの高さにする。

 雌鶏はヒナ保育箱に移された後翌日は、なんとなく動揺することが多い。雌鶏はまるで元の巣に戻ろうとするように、そわそわと動き回るかもしれない。しかし、ほとんどの場合は、その日のうちに偽の卵の上に落ち着くだろう。そうでなければ、雌鶏をヒナ育成箱にもう一日置いてみたら良い。それでもまだ落ち着か無いなら、したくないのだろう。その雌鶏を群れに戻し、また卵を育てようとするか見てもよいかもしれない。特に、初心者の場合は、2回目のトライでそんなに抵抗なく落ち着くかもしれない。

卵を抱いて孵す

 卵を育てる雌鶏がすっかり定着したら、あなたの選んだブリーダーから入手した種卵を設置する準備が整ったことになる。偽物の卵を使っているなら、夜のうちに雌鶏の下から偽物の卵を取り除き、取っておいた卵と置き換える。

 あなたはいくつ卵を置く?実際の数は、雌鳥の体の大きさ、置く卵の大きさの厳密な関数で、少なめの量に対しては、産卵時期の要点となる。孵化の間、雌鶏はひとかえりの卵を動かし続ける。雌鶏がカバーできる数より多くの卵を置くと、端の方の卵は冷える所ができ、胚が孵化温度を維持できず死ぬ。それらの卵を卵の集団の真ん中に配置換えして、生きている胚を持つ卵を真ん中から外へ押し出すと、これらの胚もまた冷えて死ぬかもしれない。標準的な鶏卵を使うのなら、チャボの下に5個か6個、Old English Gameの下に9か10個、大きなmatronly Wyandotte、Brahma、Buff Orpingtonの下に15個置くと良い。不確かであれば、わずかに少ない側へずらそう。

 雌鶏の下に卵を置いた時、予想される孵化日をカレンダーに書いておこう。人工孵化器でニワトリの卵が孵化するには21日かかる。しかしながら、私の経験では自然に雌鶏の下で孵化する場合は20日程度だ。それぞれのヒナ飼育箱のドアに、卵を抱く鶏が中にいること(名前か識別できるもの)、卵の数、どの品種を暖めているか、最も早い孵化する可能性のある日付(20日後)を明記したメモをホチキスでとめることを習慣付けよう。でも覚えておこう。雌鶏は孵化の期間をカレンダーを見て合わせない。雌鶏の卵を孵化させる振舞いは、決められた日数で終わるのでなく、雌鶏の下でひよこがかえる音と動きが孵化の終わりを告げる時に終わる。それから初めて雌鶏は、新しいひよこを育てる次の段階へ移る。そういった訳で、もし孵化のスケジュールを自分に都合良くする必要があるなら、雌鶏の下に孵化させる卵を置く前に、雌鶏を偽の卵の上に1週間か、2週間居座らさせておけば良い。雌鶏は更に3週間、素晴らしい辛抱強さで卵を抱くだろう。

 

インキュベーターでひよこを孵化

 卵を育ててくれる雌鶏がいなくても、市場ではたくさんの優れたインキュベーターが販売されている。多くのインキュベーターは、最高の成果に必要な温度と湿度を設定することができる。インキュベーターを使えば、アヒルや七面鳥を含むさまざまな家禽の卵を孵化させることができる。加えて、インキュベーターには「卵を抱くシーズン」が無い。つまり、1年中どの季節でも思うままに卵を孵化させることができる。インキュベーターによるニワトリの卵の孵化についてもっと学ぶには、『Expert Tips for Incubating Chicken Eggs』; http://goo.gl/XpCxUを参照。Brinsea社(www.Brinsea.com)は左に示したような小さなカウンタートップ型など、様々なサイズのインキュベーターを販売している。もしあなたが実践的でDIY的な飼育者ならば、自分でインキュベーターを作ることで経費を節約できる。

「Build a Homemade Incubator」; http://goo.gl/BmJKQをチェックしよう。

 

雌鶏の管理

 孵化させる卵を雌鶏の下に配置した後、雌鶏は留まる。日々そっと雌鶏をチェックしよう。あなたの動作が静かで穏やかなら、雌鶏は邪魔に思わないだろう。必要なだけ給水器に水を補充し、自由に食べられる餌を与える。雌鶏はふつう毎日いくらか餌を食べるが、この期間は餌に対して興味が薄れることは珍しくない。孵化期間の中途で検卵することはよい方法だ。夜に卵を巣から取り出し、瞬間的に強いフラッシュライトを卵に透かす。

 10日目あたりで、成長する胚が、クモの巣状の赤い血管の中央で小さな脈打つ物として観察される(卵の中で成長する胚のイラストを参照)。胚がその支持システムによって生きていると確実に認められるまで卵を検査する。死んだ卵であれば、卵黄だけ見えたり、暗い塊のように見たりするのではっきりと分かる。そのような卵は直ちに廃棄しよう。

 過度にでしゃばらないようにして予定孵化日まで孵化の進行をチェックする。生まれる初期のひよこは、このシステムにある残りの黄身の成分で孵化し、48時間(から最高で72時間)餌なしでいられる。

 通常、私は、最初のひよこが孵化するのに次の朝より長く待つことはない。でも、最後のひよこが姿を見せるまではそうだ。この時点でヒナが卵の殻を破って出る兆候(ひよこが開けたひび)がない卵は、孵化しないだろう。そのような孵らない卵は巣から取り除いて、雌鶏に巣から出てひよこを世話し始めるよう促す。

母雌鶏とひよこたち

 私は群れを牧草地で歩き回らせ、我流では、新しい家族を育成箱の巣から直接牧草地へ移す。

 もしそれでは過激に思えるのであれば、これを考えみよう:最初は私もそうだった。3月の最後の週に母雌鶏を9羽のひよこと牧草地に放した。日中の気温は華氏40度から45度で、時速25マイルに達する激しい風が吹いていた。夜には給水器の水が凍った。育雛箱の中で甘やかされたひよことは対照的に、これらのひよこは初日から挑戦的な環境で食物をあさりに出て、雌鶏が見つけた上等な自然食、それから必要に応じて母親との暖かい時間を堪能する。その母雌鶏は1匹のひよこも死なせなかった。

 良い雌鶏は自分の子供を守るのに恐れ知らずだ。同様の激しさは、思慮が無さ過ぎて、ひよこたちに敬意を示さない群れのメンバーに対しても向けられる。そうして雌鶏とひよこたちは、群れに混じってすぐに牧草地を駆け回れるようになる。もし鶏たちを閉じ込めておくのであれば、雌鶏とひよこたちを、ひよこたちが大きくなり、他の鶏たちの嫌がらせに、そんなに弱くなくなるまで、別の囲いに入れると良いかもしれない。

 新しいひよこたちが牧草地で群れと一緒なら、餌を与えるには特別な配慮がある。育ち盛りのひよこたちには市販の産卵するニワトリ用飼料を決して与えるべきではない。それらには過剰なカルシウムが入っており、ひよこの健康を害する。誰もが食べられる食べ始め飼料を買うか作ろう。産卵鶏には、砕いたカキの貝殻を、自由に選べてひよこたちは見向きもしないカルシウムサプリメントとして提供しよう。ひよこたちが独り立ちできるようになると、母雌鶏はひよこたちから離れるようになる。母雌鶏がひよこたちとの絆を断つ時期はそれぞれの雌鶏で大きく異なる。雌鶏によっては早い時期にひよこと離れる。夜、他の雌鶏たちと一緒にねぐらにつき、自分自身の餌を取りに行く。一方でいつまでも絆を維持する雌鶏もいる。極端なケースでは、ひよこたちが半ば成長するまで。

 私はあなたが、乗り気な雌鶏に試させるチャンスを持てたら良いと思う。他のどの家畜の畜産よりも愉しく、親しみがあって、強烈な経験をすること請け合い。もし子供がいるなら、この新しい命の奇跡と母の愛を共有することができ、とても良いだろう。

 

この記事はHarvey Ussery著の「The Small-Scale Poultry Flock 」より編集した。Ussery は家禽農場全体のシステムをこの10年間発展させてきた。彼は農的暮らしの全てをウェブサイトwww.TheModernHomestead.usに掲載している。

 

たのしい暮らしをつくる

マザーアースニューズ

購読登録はこちらからどうぞ

 

Raise Your Best Flock Using Broody Hens

By Harvey Ussery

 

December 2012/January 2013

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    南 幸二郎 (日曜日, 13 8月 2017 16:30)

    大変興味深く読ませて頂きました。毎日一個づつ生む鶏の卵を10日間( -_・)?放置したのですが、抱く様子が見られませんでした。もっと長くおくべきでしょうか? 又雄鶏も居るのですが交尾したのを見たことがありませんので、年をとってしまってだめなのでしょうか? こんどご指摘の卵を抱く鶏の購入を考えてみますw。有難うございました。

  • #2

    沓名 輝政 (火曜日, 15 8月 2017 08:34)

    南 幸二郎 さま
    メッセージ有難うございます。南さまのご推察の通り、卵を抱く品種、鶏の年齢などの要因があると思われますね。本記事は抜粋でしたので、改めて全文とイラストを掲載しました。卵を抱かせるしかけなど、今一度ご覧ください。
    有難うございます。感謝してます。