仕事の流儀:今までで最も重要な自立の技

あなたの夢を実現するために、この記事の自給自足の基本技6つを学ぼう。


(写真) 

筆者の家族は、オンタリオ州の田舎の彼らの土地に、石と木材でできたこの立派な家を、自分達の手で建てた。

作業の知識、また、家を建てるノウハウを知っている事が、施工を完了するために不可欠だった。

1986年10月、私は、倒れた金網の柵を切断し、長年貯めたお金で買ったばかりの田舎の土地で、古いピックアップトラックに乗っていた。私は、当時23歳の夢想家で、自分の力で田舎に暮らす願望を持っていた。私は今、その夢で暮らし、妻のメアリーと5人の子供たちと人生を謳歌している。私たちは、自分たちで家を建て、食べ物、燃料、そして、この土地の美しさを楽しんでいる。今、私たち家族の土地で、2代目が自分たちの自給自足生活を始めて、自立の技を使っているのを見られて幸せだ。

 私の知る数人の夢想家は、彼らの志を何とか達成した。私の経験上、ほとんどの夢は、情熱や実践的自給自足技術の不足が理由で消える事はあり得ない。ただ、適切な種類の作業が終わるように、効率的に作業する事を学び損ねて不遇に終わったと言える。請求書は積み上がり、庭に木を植えられず、雨漏りは続き、気が萎える。これらの問題の原因は、情熱が冷め、人間関係が悪くなり、財産を使い尽くすまで、認識されない事が多い。あなた自身が親分である自給自足生活で効率良く作業する方法を知るには、特定の技術が必要で、この技術は従来の事務仕事に必要なものとは明らかに対照的。私は、以前は賃金のために働いていたが、今は、自宅で働いている。この2つは、全く異なる経験だ。もしも、あなたの目標が自分自身で現代的な自作農を成功させる事なら、実践的な技を学ぶのと同様に重要な、作業の方法を学ぶべきだ。適切な方法で適切な作業を完了するのに役立つ、次の6つの自給自足習慣を実践しよう。そうすると、満足いく自給自足生活へ大きく一歩近づけるだろう。

 

1. 基本構想を立てる。

 目標のない自給自足生活者は、舵のない船のようなもの。帆走出来るかもしれないが、目標には到達しないだろう。最初にあなたが望むライフスタイルを決めるべきだ。私たちの場合は、3つの基本構想だ。「自宅で家族の糧を稼ぐ」、「自宅で子供を育てる」、「自分たちの土地と労働で生活必需品を賄う」。

 あなた自身の基本構想を決めて、自給自足への航海を導く舵としよう。長期目標(年間、月間に分けて)の設定に、基本構想を使おう。詳細計画は、目標を達成し、基本構想に沿って暮らすために、日々成し遂げるべき事を導き出す助けになる。

 

2.  休憩込みの予定に従う。

 上司無し、外出予定無し、期限の押付け無し。このように、自宅で仕事をする魅力はいくつもある。しかし、それらは、失敗の元にもなりがちだ。上司無しという事は、成功は、ほぼ完全にあなた次第で、やるべき事をいかに上手に決めるかにかかっている。課せられた期限ではなく、自分自身で計画し、充実した作業で1日を満たせば、成功するだろう。自給自足生活は、まさに責任の賜物。

 仕事から解放されないのに、わざわざ自給自足をする意味があるだろうか?あなた自身の努力で直接得られる満足感が、理由のひとつ。作り甲斐と恩恵の関係が、私の農的暮らしの中で最も好きな事のひとつ。加えて、多種多様な自給自足作業を家族や仲間とたくさん完成させると、仕事が真剣な遊びになる。

 上手くいっている日々の農的暮らしは、毎日8時間の建設的な作業を含む計画で始まる。たぶん、あなたは、仕事が楽しくて、長く作業したくなるだろう。しかし、遊び無しの働きづくめは、永遠に続けられない。私は、歳をとるにつれ、ますます休みを設ける価値を見出している。私たちは、6日間一生懸命働き、そして、くつろいで、7日目に労働の成果を楽しんでいる。

 

3. 正しい作業をする

 今日、私たちは、農的暮らしを創り出すのに必要な情報をインターネットでかつてないほど簡単に入手出来る。想像し得る自給自足技術をほとんど手に入れられ、自宅で働く方法を学べ、志を同じくする世界中の仲間とつながれる。つまり、現代的自給自足者にとってインターネットは比類なきツールとなっている。もっと多くのツールが必要だろう。だが、インターネットが最重要だろうか?確かに、私の農的暮らしの成功に、欠かせなかったと言えよう。ネットで言われている事全て、基本のハウツー情報でさえ、最重要な作業に応用しなければ無駄になる。それ故、力の入れ所を優先度付けする必要がある。そうする一番の方法で、私が見つけたものは、やってみて、使ってみて、リストにする事。1日の終わりに、月間、週間目標を元に、翌日にやるべき事を全て書き留める。優先順位の高い仕事を遅れさせるような好きな仕事をしない。また、リスト上の未着手の項目を気にしない。後で必ず着手するようにしておき、その前にすぐやるべき事に取組む事。

 

4.  正しい方法で作業する

 効率的な作業用工具を持つと、とても作業がはかどる。正しい方法で作業する事は、趣味ではなく、プロの技を身に付ける事を意味する。おそらくプロ仕様の工具一式を直ぐには購入出来ないだろうが、そこを目指して行こう。グループでシェアするために器具を借りたり、購入したり、菜園を耕すためにトラクターを所有している隣人を雇ったりする事も出来る。労働と引き換えに牛のバラ肉を得て、自分の機器一式が揃うまでは、ウッドスプリッターを借りる代わりに、労働する事も出来る。何でも屋ではなく、高い自給自足技術を持ち、設備の整った名人を目指そう。それが、あなたを末永く幸せにする長期目標。


5.  メモ帳を持ち運ぶ

 比較すると、ノートとペンは、私にとって最強の手持ちツール。1日中頭をよぎる小さな思い付きをメモするために、いつも手元にある。「4インチのデッキ用ねじを5ポンド買う」、「屋根板の注文でボブに電話」、「ブログ用に牧場のクモの写真撮り」、「ニンニク収穫」。この習慣で、やるべき事が記憶から消えたり、細部を忘れたり、買い忘れのために無駄に町に出たりするのを避けられる。

 スマートフォン、タブレット端末、私のように単なる紙の手帳、どれを使うにしても、作業中に浮かぶ重要な細部を記録する事が肝心。なぜなら、結局それで効率が高まるからだ。


6.  効率的に作業して注意力散漫を避ける

 知り合いの年輩の人が、彼が育った1930年代の田舎はどのようであったかという話をする。「私たちは極貧だった、しかし、誰もがなんとか、納屋を修理し、家を塗装して維持していた。今では、人々は、間近で建物が壊れていってもまだ、衛星テレビやYouTubeの前に座っている。」

 私が見てきた最も悲惨な自給自足の失敗には必ず、語り過ぎで行動が遅い人が登場する。インターネットは、重要な自給自足ツールである一方、人々を、参加者や生産者より、むしろ傍観者や消費者に変えるような、気晴らしが満載。タイムカードで働く時に、責任ある上司で、あなたがテレビを見たり、ゲームをしたり、SNSしたりする事を許す人は皆無。あなたは気づいていないかもしれないが、自宅で働くと、あなたの農的な家が、実はあなたを首に出来るという事。庭が適時に耕されず、薪の山が小さすぎる11月を迎えた場合、農的な家が、あなたに解雇通知を手渡す。普通のもの以上にショッキングだろう。仕事の日にこれらの気晴らしにふけるのは自由だが、自給自足の実践的な生活夢を犠牲にし得る。いや、おそらくそうなるだろう。

 単に歩く動作や作業を素早くすると、生産性をとても高める。がむしゃらに突っ走るのではなく、むしろ、効率的に作業して、慎重で焦点を絞る。ペースアップが習慣付いたら、生産性ある作業が普通になり、成功するだろう。手を動かす暮らしの実践的な基本事項を学ぶ事が肝心で、成すべき事としては、ここに詳述の6つの自給自足習慣をマスターする事。この習慣で、効率的で効果的に作業し続けられる。私の経験では、いかに作業するかが、あなたの夢である自給自足を実現する最も重要なポイントになるだろう。

 

How to Work: The Most Important Self-Reliance Skill Ever

February/March 2015

By Steve Maxwell