裏庭の植物で天然草木染をする

読者がシェアする、田舎、郊外、街で自給自足生活するのに役立つ自作案

 

左から: イラクサ(媒染)、イラクサ(非媒染)、 アキノキリンソウ(媒染)、 アキノキリンソウ(非媒染)、タマネギ(非媒染)、タマネギ、クログルミ 。Photo by Susan Verberg.

続きを読む 0 コメント

裏庭農場の始め方

この郊外居住者は、まだらに生えた雑草を食べ物に変え、実入りの良い裏庭農場を作り上げた。

 

続きを読む 0 コメント

燻製の季節

高温燻製と干し草燻製の手法で、今季の裏庭屋外料理に風味を取り入れよう。

 

続きを読む 0 コメント

スモーク玉ねぎのベーコン詰めのレシピ

Photo by Matthew Benson. 
玉ねぎのベーコン詰めの燻製レシピ

ベーコンとチーズを詰め込んだこのスモーク玉ねぎは、あなたの好きな硬材からスモーキーな風味を得ることができます。分量:玉ねぎ4個。

 

 

ベーコン、メキシコ料理に欠かせない青唐辛子ハラペーニョ、バーベ キューソース、チーズを挟んだ燻し焼きタマネギは、挟む具材次第で、 味のバリエーションが無限に広がる。

 

 

続きを読む 0 コメント

干し草燻製のモッツァレラのレシピ

Photo by Matthew Benson. 
モッツァレラの燻製レシピ

燻製には繊細な料理、モッツァレラなど が理想的。さもなけば熱が集中して溶けてしまうため。

続きを読む 0 コメント

干し草の燻製バーガーのレシピ

マザーアースニューズのレシピ
干し草の燻製バーガーのレシピ

この燻製バーガーは素早く燻せるうえに、グリルの上で焼きすぎることなく、美味しく仕上がります。分量:ハンバーガー4個分。

 

続きを読む 0 コメント

草や葉から紙を作る

時代を経た加工法と植物のライフサイクルに触れて、香り高く風合いのある紙を作ろう。

 

 

続きを読む 0 コメント

オフグリッドの「悠々自適」エアクーラー

マザーアースニューズ自給
オフグリッドの「楽チン」クーラー

私はいろんな言われ方で非難されてきました:けちん坊、世捨て人、中古車セールスマン、そしてある女性はカントリーシンガー、キース・ウィトリー (Keith Whitley) の幽霊だと思っていました。だけど私は自分で作れたり古い部品を継ぎ合わせたり、または無しですませる時、新しい高い物を買う人だと決して非難されたことはありません。DIYは、私のいちばん得意なことなんですよ、みなさん。

続きを読む 0 コメント

果樹の接ぎ木をする

台木に接ぎ木して早く成長する果実をつける植物をつくる。

古い樹木は、その茎の1つを若い台木に接ぎ木することによって永続化することができます。

 

 

続きを読む 0 コメント

田舎の伝承:読者の知恵

なめくじの抑制、ヤギの移送、自然を通じた子供の教育など。

 

地元の製材所で見つかった厚板は、美しい無垢材の家具を作るのに使えます。Photo by Janice Irwin.

続きを読む 0 コメント

クマバチの駆除、アヒルを守るなど。Dear マザー

読者の投稿:太陽光発電の設置、クマバチの駆除、家畜番など。

 

続きを読む 0 コメント

DIYオフグリッドソーラー

オフグリッド電力を真剣に導入しようとお考えの方なら、オフグリッド太陽光発電システム (off-grid PV system) が系統連係システム(grid-tied system)よりほんの少し込み入ったものになると聞いても驚かれないでしょう。でも、実際はそれほど複雑ではありません。どちらのシステムもその構成のかなりの部分が共通ですが、オフグリッドシステムではさらに3つの要素が加わります:バッテリー、チャージコントローラー、それに発電機です。これらを組み入れるのと引き換えに、電力メーターと電力会社との揉め事という2つの気苦労から解放されます(電気料金から解放されるのは言うまでもありません)。

 

続きを読む 0 コメント

在来豚への情熱

急成長の豚農家が、産直レストランへ提供する、自然な農地で放牧豚を育てている。

 

 

続きを読む 0 コメント

薪を燃す齢を重ねる人のための適正技術

98歳の時、経済学者で実践主義者のスコット・ニアリング (Scott Nearing) は言った。「ところで、少なくとも私はまだ森で木を割って運べる。」

 

続きを読む 0 コメント

アウトドアオーブンを作ろう

この簡単なDIYの粘土オーブンはすぐに火が点き、数日間熱を保つ。 夜に夕食を作ったら、残った熱で次の朝にパンを焼こう。 

続きを読む 0 コメント

自立は家族で:直撃レポート

ジョンとエスター・アトウェル — そして、彼らの子供達、ベンヤ20歳、ヨルダン18歳、ナサニエル16歳、 ソフィア12歳 — はハワイのカーティスタウンで10エーカーの土地に暮らし、果物やスパイスの木を栽培し、複数のパーマカルチャー植床、タロ芋の水田、そして実験的な植床をハワイの自作農園で行っている。

続きを読む 0 コメント

手作りドッグフード

愛犬にバランスのとれた食事を用意する方法を学ぼう。

 

 

自宅で採れたメロンを可愛いワンコにもひと口あげよう。

 

続きを読む 0 コメント

バックボーンファーム:子ども、作物、スキルの成長

ドバンスキー家は有機農場を世話して、新鮮な食物を他の家族へ提供している。

 

(写真)

ドバンスキー家には106エーカーの土地に温室がひとつ、トンネルハウスが3つある。

続きを読む 0 コメント

オフグリッド生活のペレットボイラー

木質ペレットを使った暖房システムは、化石燃料に頼らず、環境への影響の少なさ、効率性、コストパフォーマンスの高さによって、多くの欧州諸国ではすでに一般的なものになっている。

 

 

木質ペレットのボイラーは、効率的に熱と電気を作り出すため、化石燃料でなく木質ペレットを動力としている。

続きを読む 0 コメント

自給農地で 優美に歳を重ねる

 関節が硬くなったり、軽い炎症を起こしたり、そして疲労しきる、人生には全く消耗させられる。私の場合毎朝ベットから、やっとこさで起き上がる時、約40年前に足首に落ちたブレーキドラム(車の元の場所に取り付けられたままだが)を思い出す。60年の間、いくつかの賢い(またはそれほど賢くない)働き続ける方法見つけてきた。一つだけ確かなことは、やらなければいけない仕事をするために、現在でも、より賢く働く方法を模索していること。いくつか前の号で、どんなに深刻な妨害が彼らの生活で起ころうとも農的暮らしを続けていくコツを探求している、そんな人達から意見を聞いた。ここでは、その皆さんが提出した、素晴らしいヒントをたくさん紹介する。

- 編集総責任者ハンク・ウィル

続きを読む 0 コメント