・100ドル=1万円。1インチ=2.5cm。1エーカー=4千平米。1平方フィート=0.09平米。ゾーン=米国農務省の耐寒気候区分。
・計量カップの記載はUSA式(1カップ = 235cc)で、日本式(1カップ = 200cc)の2割増し。1オンス = 30cc または 28g。1ポンド = 454g。


家畜の遺伝的多様性の保護

家畜の遺伝的多様性の保護。MENJ。

家畜のなかには、病気の蔓延や劣悪な繁殖方法によって、今後、遺伝的多様性を失う種があるかもしれません。そういった事態に備えて、米国では動物の生殖質を保存する施策が進められています。

続きを読む 0 コメント

1歩ずつ成し遂げる

自営農園プロジェクトは全部を1度にやろうとしないこと。農場計画をつくり、優先順位をつけてから、すこしずつ進めよう。

 

自営農園に動きがない時期を楽しみ、農園の美しさに気づく時間をもとう。Photo by Adobe Stock/DebraAnderson 

続きを読む 0 コメント

もっと賢い農場の段取り

自分の土地で労せず賢く働くのに役立つよう農場のインフラを設定しよう。

 

続きを読む 0 コメント

記憶、現実、適応

菜園の野菜の恵みから、家族の 新鮮な食べ物を得られ、保存と 共有する分もいくらか残ります。 Photo by Adobe Stock/Anchasa 

 

続きを読む 0 コメント

残留農薬の消費者ガイド

多くの人々が、農産物において農薬(殺虫剤)を使わないことを目指していますが、「安全な」食品と「安全でない」食品との間の線引きははっきりしています。環境ワーキンググループ(EWG: Environmental Working Group)は、消費者が 2018 Shopper’s Guide to Pesticides in Produce(残留農薬の消費者ガイド)で、その線引きを見つける助けとなるよう努力しています。人々がより良い果物や野菜を食べるべきだという信念に基づくと、ガイドは農薬汚染のリスクが最も低い食品を選ぶのに役立つでしょう。

 

続きを読む 0 コメント

コミュニティーフード

ケビンとチェリー・シェンカーは、田舎のコミュニティーの健康に役立つよう日用雑貨店を創立。

 

続きを読む 0 コメント

限界耕作地での自営農

私たちの多くは夢を共有しています。この国で各自が気に入った環境のもと、良質で清潔な食べ物を作れる場所を見つけるという夢。家、もしかしたら、激動の時代の隠れ家、避難所、安息の地。素朴なイメージにもかかわらず、土地が高額だったり、手の出せる価格の農場が全体的に足りてないせいで、独立するためのワクワクする努力であるべきものが、挫折を考えてしまうようなものに感じます。でも実際に小さな農場はどんな所でも見つかると分かればどうでしょう?見えない所に存在し、新規就農者に利用してもらえるのをただ待っているとしたら?そして、そんな小さな農園が最も手頃な価格であったとしたら、どうでしょう。

 

続きを読む 0 コメント

商品情報2018年8/9月

Multifunctional Dehydrator 

多機能ディハイドレーター

草木の成長する季節の楽しみの1 つに、菜園の恵みの収穫があります。トマトが耳の高さにまで成長したり、手に負えない程にローズマリーが育ったり、果実の重みで枝が垂れ下がったりした時に、その恵みにうまく対応できるディハイドレーター [野菜や果物を乾燥させる機器] があると本当に助かります。そこで、ディハイドレーターと言えば、エクスカリバー社 (Excalibur) の9つトレイの機器が最高です。

 

続きを読む 0 コメント

コブハウスの小屋をDIY

私は2016年に、「パレタブルコビン」(熱処理されたパッレットで作られた小屋で、わらで断熱され、コブで覆われている)を作るために、カルフォルニア州に移りました。私は耐久性があり、よく断熱された小さなコブハウスが欲しかったのです。それは、建設に多大な時間や費用を必要とせず、リサイクルされた資材や地元の資源から作ることができるものです。

続きを読む 0 コメント

ハイウェイ脇で多年草小麦栽培

多年草の小麦品種の栽培で、ハイウェイ脇や過疎地の農地利用と炭素隔離促進の可能性

 

ハイウェイ横の未使用地で少なくとも多年草作物の栽培ができるかもしれない。Photo by Flickr/Matt Lavin

 

続きを読む 0 コメント

乾燥地の森林

森林伐採は今日、森林保護主義者の間の会話の主要な話題です。そして地球の乾燥地には以前考えられていたより40%以上多い樹木があると新しい研究が、明らかにしています。

続きを読む 0 コメント

裏庭にある材料でルートビアづくり

続きを読む 0 コメント

もっと良い養蜂箱を作る方法(手順付)

ミツバチにとって可能な限りベストな養蜂箱を作りつつお金を節約するために、レイエンズの横型養蜂箱を自分自身で作ろう

 

続きを読む 0 コメント

廃材から養蜂箱をつくる

蜂の自然な性向に見合う養蜂箱の作り方を学ぼう。Photo by Getty Images/Kosolovskyy

 

続きを読む 0 コメント

素晴らしい冬レタスを育てる

少し計画するだけで、新鮮、自家製の青野菜を一番寒い時期に収穫できる。

続きを読む 0 コメント

養蜂の新たな解決策の採用

養蜂家から購入せずとも「捕獲箱」に蜂を誘引できる。Photo by Hank Will

 

続きを読む 0 コメント

持続可能な農場や菜園の認証をとる

あなたの区画にぴったりの認証を見つけ、あなたの栽培手法をガラス張りに。

 

続きを読む 0 コメント

有償で人に依頼して自営農園を効率化

宅配や営業など、自分ではできない農場の仕事を有償で人に依頼すれば、作業の負担を減らして自営農園の運営をさらに効率化できる。

 

続きを読む 0 コメント

食品を長期貯蔵して保持する方法

 食品貯蔵室を備えるために注ぎ込んだ全部の時間とお金のために、それを守るためにあらゆる努力をしましょう。食品にかけたお金が自然の要因や虫で台無しになったのを見るよりがっかりさせられるものはないです。食品の最悪の敵を知って、それらがどうやって潜入し食品をだめにするか理解し、大損害を防ぐ対策を施すことは、食品にかけたお金を長期間活かすのに役に立つでしょう。

続きを読む 0 コメント

働く方向けお弁当用パテのレシピ

このベーコン包みのパテのレシピは作るのが簡単で、サンドイッチに最適です。

 

出来上がり:約1.8kgのローフ1本分

 

私は毎週末、このベーコン包みのパテを作っています。これを作っておけば、平日、農場から大急ぎで戻ってブーツを脱いだら、かりっとしたパンに美味しいチーズ、新鮮な野菜、マスタードを添えたとびきりおいしくて栄養満点の肉入りサンドイッチが食べられるのです。

 

続きを読む 0 コメント

家庭で肉を塩漬けする(家庭でソーセージ作り)

メレディス・リー (Meredith Leigh) の著書「Pure Charcuterie (仮題:これぞ!シャリュキュトリ) 」には、ホームメードの肉の塩漬けで作る、とびきり上等な毎日のおかず情報がたくさん。

 

ホームメードのシャルキュトリ(肉の塩漬け)の盛り合わせ。大皿で。Photo by Getty Images/olgakr

 

 

続きを読む 0 コメント

自分の土地で風力発電を見極める

風力発電を考えているなら、時間をとって風車を立てる可能性がある場所を見極めよう。

 

 

左から右へ: アップウィンド  HAWT(最も一般的なタービン)、ダウンウィンド HAWT(珍しいが効果的)、一般的な VAWT 2つ。Photo by James Provost

続きを読む 0 コメント

国中で育つ病院菜園

ペンシルベニア州のセント・ルークス (St. Luke’s) 大学病院がロデール研究所 (Rodale Institute) と共同で構内で有機栽培農園を始めた。Photo by St. Luke's University Health Network

続きを読む 0 コメント

ウサギ肉の腸詰ソーセージのレシピ

ウサギ肉とスパイスで作った美味しい腸詰ソーセージをお試しください。ケイジャン風の味付けでどうぞ。

出来上がり:腸詰ソーセージ 約1600g。

 

続きを読む 0 コメント

田舎の伝承 2018年6/7月

裏庭の池を作る手順の途中経過。Photo by Kyle Chandler-Isacksen

続きを読む 0 コメント

DIYで作るカスタム作業ベルト

ポケットやポーチを縫い合わせたらお気に入りのベルトにつけて、よく使う工具を身につけよう。

続きを読む 0 コメント

家畜の貢献

家畜は、農家の手を煩わせず、肥沃で機能的な農場を生み出して維持するという重要な役目を果たす。

 

続きを読む 0 コメント

地域食料システム計画のガイド

地域の食料システムを支持することで地域全体が恩恵を受けられる。

続きを読む 0 コメント

次世代型CSAに参加して独創的な食材調達をしよう

新しい形態のCSAではパンやチーズ、肉、そのほかにもいろいろと購入できる。Photo by Getty Images/carterdayne

続きを読む 0 コメント

最終章!?お祭り!日本初!コブハウスのモデルルーム!

7/21(土) コブハウスのワークパーティー。

たぶん今回が土曜のワークショップの最終回。
(その後は土の床や漆喰の壁をつくる作業に入ります)
お祭りみたいにワイワイしよう。
コブハウス、自然建築、パーマカルチャーに関心ある方なら誰でも大歓迎。
学びたい人をお助けします。
お手伝いできる人を歓迎。
見学したい人も大歓迎。

続きを読む 0 コメント