専門家に聞く:農場協同組合の開始、ニンニクの保存

マザーアースニューズ 農 食 地域

専門家の助言:農場協同組合の開始、ニンニクの保存など。

続きを読む 0 コメント

雨水採取システム:有る物でサクッと作製  

マザーアースニューズ DIY エネルギー

将来使えるよう雨水を集めて貯めておくシステムで、雨の日々から恩恵を受けよう。

続きを読む 0 コメント

ソウル・ファイヤー農場:人種差別の根絶、主権の種まき 

マザーアースニューズ 食 農 社会正義

有色人種の農家は、コミュニティの土地を育くむために、自分の時間と才能を捧げている。

続きを読む 0 コメント

みんなを関わらせる

マザーアースニューズ 環境 砂防ダム

イデオロギーが合わない時、健全な土地と食物という共通の望みが私たちをつなげる。

 

続きを読む 0 コメント

合衆国内のミツバチの状況 

マザーアースニューズ ミツバチ 養蜂

ミツバチの個体数減少の真の原因は土壌の中に隠されていて、私たち全員に委ねられているのは行動を起こすこと。

続きを読む 0 コメント

州が設定したクリーンエネルギーの目標

マザーアースニューズ 環境保護 エネルギー

汚染となる化石燃料が不足するにしたがって、再生可能エネルギーはよりコスト競争力のあるものになってきています。連邦の命令に先んじて、多くの州、直轄地、領土がエネルギーの供給を脱炭素による持続可能なエネルギーに向けて局所的なアプローチをとってきています。

続きを読む 0 コメント

危機にさらされる保護区

マザーアースニューズ  環境

雪原に一頭のホッキョクグマが座り込んでいます。そばには赤黒く焼け焦げた石油缶。種の絶滅が近づいている動物と、絶滅に追い込む開発を象徴する物が対照的に並んでいます。こんなシーンから『命のはじまる聖地 (The Sacred Place Where Life Begins)』は始まります。これは、ジェレミー・ラ・ゼル (Jeremy Là Zelle) とクリスティン・ゲイツ (Kristin Gates) が製作した 25 分間のドキュメンタリー映画です。

続きを読む 0 コメント

激減するハナバチを支援するアプリ

マザーアースニューズ ハチ 環境

北米には在来種のハナバチが 4000 種以上、生息しています。生態系が健康であるためにはハナバチによる授粉が欠かせませんが、現在、在来種の多くが絶滅に向かっています。理由のひとつは生息できる場所の減少です。

続きを読む 0 コメント

樹木の助けを借りて気候変動に立ち向かう 

マザーアースニューズ 気候変動 非営利団体

ロサンゼルスの非営利団体ツリーピープル (TreePeople) は、熱をため込んで周囲の気温を上げるコンクリートなどの建築資材に覆われた市街地に日陰をつくることを目的として、木を植えるキャンペーンを数十年にわたって行ってきました。その手法は近隣住民をまとめて活動してもらうというものです。気候変動により都市の気温が上昇し、住民がかつてない猛暑に見舞われるようになりましたが、同団体の活動は都市で熱が蓄積するのを防ぎ、冷房に必要となる電力使用を抑えています。

続きを読む 0 コメント

自然のなかで学ぶ森のようちえん 

平均的なアメリカの子どもたちにとっての学校生活というと、普通は室内で過ごすものであり、屋外に出られるのは決められた時間に学校の敷地内に出るのを許される短い休み時間だけです。しかし、「森のようちえん」に通う子どもたちは就学前教育の全部でないとしてもほとんどを森林や公園などの野外で学びます。そこでは、指導者が子どもたちの好奇心を活かして教科課程の学びに導きます。子どもたちは自然とのふれあいの中で発達が促され、自然環境を大切にする感覚が身に付くように見守られています。

続きを読む 0 コメント

アラバマ州のスマート住宅区

マザーアースニューズ スマートグリッド コミュニティ

アラバマ州の「スマート住宅区」の特徴は、私たちの未来にパワーを与えるマイクログリッドのコミュニティ。

続きを読む 0 コメント

グリーン新聞:食品ロスの解決策

マザーアースニューズ 食品ロス 社会

生産者から食料品店へ、企業から消費者への食品廃棄物はサプライチェーン全体の疫病神のような問題です。アメリカ合衆国の食料供給のうち 40% ほどは埋め立て地行きであり、多大な金融的環境的コストであると同時にアメリカ人の 4 千万人は安全な食べ物にも事欠いています。アメリカ合衆国環境保護庁 (EPA) によると、これらの問題は政策立案者、企業、消費者食料ロスの流れを止める活動をしているすべての人々とともに、あらゆる角度から多面的に接続して修正する必要があります。

 

続きを読む 0 コメント

糞土師伊沢の糞土教室:ぢきゅう人

素晴らしい。名文だな。これは。

恥じらいのバケツ野糞 | ノグソフィア 

続きを読む 0 コメント

マザーからのニュース: 野生の蜜蜂、その2

昨年のこのぐらいの時期に、私は木に掛けた巣枠 5 つのミニ巣箱で野生の蜂の群れ捕獲箱をしかけることについて書きました。 このプロジェクトの詳細と事後経過を求める多くの手紙を受け取りました。一言で言えば、私たちにとっては非常にうまくいきました。 あなたの集めているミツバチを拡大または補充するこのアプローチは、あなたの巣箱にぴったりはまる巣枠が収まるミニ巣箱を作っておけば、あなたがどんな設計の巣箱を好むとしても(私はレイエンズ式を好み、妻はラングストロス式を好みます)うまく働いてくれます。

続きを読む 0 コメント

再利用できる食品ラップ

マザーアースニューズ 蜜蝋ラップ 手作り

自然環境におけるプラスチックの残存性についての長期の調査により、私たちはプラスチックを再利用するか、できるだけ使用を避けるかしなければならないことが非常に明らかになっています。そして、いろいろと転換は簡単です。台所でガラスと陶磁製容器はプラスチックの使用を減らすだけでなく、ビスフェノールA (BPA) とフタル酸エステルに曝されるのを最小限にします。そして食物で着色されにくいです。特に私が料理するのが好きなカレーで。

続きを読む 0 コメント

移動する虫たち

ビッグ・バグ・ハントに参加して、手ごわい害虫が町にやってくる時の備えをバッチリにしておこう

 

続きを読む 0 コメント

食の安全のネットワーク化 

マザーアースニューズ フードハブ 食料

私たちのお皿をいっぱいにしてくれる食べ物は通常、遠くからやってきます。作物は未熟な状態で収穫され、梱包され輸送中に熟し、均一なスーパーマーケットの陳列棚に並びます。手立てはあれど、食料品店で地産の商品を見つけることも難しく、全員が地産の作物を手に出来るわけでもなく、直売所に品物を見つけに行けるわけでもありません。さらに小規模農家は多くの場合、小売業や食品業界の様に、利益を上げるために近くの消費者へ作物を届けるための十分なサポートがありません。

続きを読む 0 コメント

野生動物の歩道橋

マザーアースニューズ 環境保護 動物

動物たちが車の通行に阻まれることなく、行きたいところへ行けるように「野生動物用の橋」を造る取り組みが増えている。

続きを読む 0 コメント

パーマカルチャー原理を広める団体

マザーアースニューズ パーマカルチャー

パーマカルチャー・アクション・ネットワークは「社会の変化と生態系の再生を促す」イベントを企画する活動家、芸術家、そして教育者のネットワークを通じて、パーマカルチャーの哲学をコミュニティ活動と結び付けている。

続きを読む 0 コメント

ドイツにおける飛翔性昆虫の減少

ドイツの昆虫学者達が、生態系への深刻な影響に結びつく、過去30年弱にわたる劇的な数の飛行型昆虫の減少を報告した。

 

続きを読む 0 コメント