マザーからのニュース: 野生の蜜蜂、その2

昨年のこのぐらいの時期に、私は木に掛けた巣枠 5 つのミニ巣箱で野生の蜂の群れ捕獲箱をしかけることについて書きました。 このプロジェクトの詳細と事後経過を求める多くの手紙を受け取りました。一言で言えば、私たちにとっては非常にうまくいきました。 あなたの集めているミツバチを拡大または補充するこのアプローチは、あなたの巣箱にぴったりはまる巣枠が収まるミニ巣箱を作っておけば、あなたがどんな設計の巣箱を好むとしても(私はレイエンズ式を好み、妻はラングストロス式を好みます)うまく働いてくれます。

続きを読む 0 コメント

再利用できる食品ラップ

マザーアースニューズ 蜜蝋ラップ 手作り

自然環境におけるプラスチックの残存性についての長期の調査により、私たちはプラスチックを再利用するか、できるだけ使用を避けるかしなければならないことが非常に明らかになっています。そして、いろいろと転換は簡単です。台所でガラスと陶磁製容器はプラスチックの使用を減らすだけでなく、ビスフェノールA (BPA) とフタル酸エステルに曝されるのを最小限にします。そして食物で着色されにくいです。特に私が料理するのが好きなカレーで。

続きを読む 0 コメント

移動する虫たち

ビッグ・バグ・ハントに参加して、手ごわい害虫が町にやってくる時の備えをバッチリにしておこう

 

続きを読む 0 コメント

食の安全のネットワーク化 

マザーアースニューズ フードハブ 食料

私たちのお皿をいっぱいにしてくれる食べ物は通常、遠くからやってきます。作物は未熟な状態で収穫され、梱包され輸送中に熟し、均一なスーパーマーケットの陳列棚に並びます。手立てはあれど、食料品店で地産の商品を見つけることも難しく、全員が地産の作物を手に出来るわけでもなく、直売所に品物を見つけに行けるわけでもありません。さらに小規模農家は多くの場合、小売業や食品業界の様に、利益を上げるために近くの消費者へ作物を届けるための十分なサポートがありません。

続きを読む 0 コメント

野生動物の歩道橋

マザーアースニューズ 環境保護 動物

動物たちが車の通行に阻まれることなく、行きたいところへ行けるように「野生動物用の橋」を造る取り組みが増えている。

続きを読む 0 コメント

パーマカルチャー原理を広める団体

マザーアースニューズ パーマカルチャー

パーマカルチャー・アクション・ネットワークは「社会の変化と生態系の再生を促す」イベントを企画する活動家、芸術家、そして教育者のネットワークを通じて、パーマカルチャーの哲学をコミュニティ活動と結び付けている。

続きを読む 0 コメント

ドイツにおける飛翔性昆虫の減少

ドイツの昆虫学者達が、生態系への深刻な影響に結びつく、過去30年弱にわたる劇的な数の飛行型昆虫の減少を報告した。

 

続きを読む 0 コメント

環境フットプリント計算機

マザーアースニューズ 環境フットプリント

もし地球上の全ての人があなたと全く同じように暮らすとしたなら、そのライフスタイルを維持するため、どれだけ多くの地球が必要になるでしょう? その答えには驚かされると思います。

 

続きを読む 0 コメント

家畜の遺伝的多様性の保護

家畜の遺伝的多様性の保護。MENJ。

家畜のなかには、病気の蔓延や劣悪な繁殖方法によって、今後、遺伝的多様性を失う種があるかもしれません。そういった事態に備えて、米国では動物の生殖質を保存する施策が進められています。

続きを読む 0 コメント

ハイウェイ脇で多年草小麦栽培

多年草の小麦品種の栽培で、ハイウェイ脇や過疎地の農地利用と炭素隔離促進の可能性

 

ハイウェイ横の未使用地で少なくとも多年草作物の栽培ができるかもしれない。Photo by Flickr/Matt Lavin

 

続きを読む 0 コメント

乾燥地の森林

森林伐採は今日、森林保護主義者の間の会話の主要な話題です。そして地球の乾燥地には以前考えられていたより40%以上多い樹木があると新しい研究が、明らかにしています。

続きを読む 0 コメント

生態系の多様性

気候変動の影響を緩和するのは、自然環境における種の多様性に今よりも目をむけることかもしれない

 

続きを読む 0 コメント

再生可能な資源を育てる

オサージュオレンジは、 イリノイ州で、木を連ねた防風林として広く使われている。同州は、通称のひとつ「ヘッジ・リンゴ」と呼ばれている。Photo by Adobe Stock

続きを読む 0 コメント

直撃レポート: グラスフェッド牛を育てる

伝統的な肉牛生産に立ち返り、食の安全保障と持続可能性につなげる。

 

続きを読む 0 コメント

電気自動車でどれだけ遠くまで行けるのか

電動自動車高速道路走行距離テストにおいて、日産リーフは130kmで充電が切れた。

Photo by Nissan

 

続きを読む 0 コメント

エコな暮らしに大きな関心を示す住宅購入者

快晴の夏の日、太陽光パネルを金属製の屋根に乗せた、小さくて赤い公園の建物。

PHOTO BY GETTY IMAGES/SERENETHOS

続きを読む 0 コメント

再生可能エネルギー政策を牽引する州

アメリカのソーラー発電産業は、2016年において、260,000人以上の労働者を雇用した。PHOTO BY GETTY IMAGES/ZSTOCKPHOTOS

続きを読む 0 コメント

ゼロエネルギー条例

カリフォルニアのある町の都市条例では、新しい家にソーラーパネルの設置を必要とします。

PHOTO BY ADOBE STOCK/TL6781.

 

続きを読む 0 コメント

電気にプラグするバスとトラック

車は今日、電気で走る唯一の乗り物ではありません ― バスとトラックもまたプラグに差し込んで動力を取り入れています。このトレンドの主な理由はディーゼルで生じる汚染を減らすことです。ヘビーデューティなディーゼル車は路上の乗り物の5%以下なのに、輸送排出物の20%以上を占めています。

 

 

Proterra は、北米一帯のコミュニティー向けに高性能なゼロエミッションのバスを製作。PHOTO COURTESY WWW.PRORERRA.COM.

続きを読む 0 コメント

エネルギー共同体は、ソーラーガーデンを満開にさせる

地域のエネルギー共同組合に加入することで、家庭やビジネスにおいて再生可能エネルギーをお手頃に選択することができる

 

メリーランド州の太陽光発電の共同組合員がソーラーインバータの横に誇らしげに立っている。PHOTO BY SAMIR QADIR.

 

続きを読む 0 コメント