草や葉から紙を作る

時代を経た加工法と植物のライフサイクルに触れて、香り高く風合いのある紙を作ろう。

 

 

続きを読む 0 コメント

虫よけエッセンシャルオイル

この効果的な自家製昆虫スプレーのレシピでエッセンシャルオイルをブレンドしましょう。

 

続きを読む 0 コメント

収穫したものを漬け物にするレシピ集

マザーアースニューズのブロガーによる自家製漬物アイデア集を利用して、収穫したものを発酵させたり、即席漬けにしましょう。

何だって漬けることができます。ブロガーの様々な漬け物レシピをお試しください。  

続きを読む 0 コメント

水耕栽培:有機かそうでないか

農家が農産物に付ける値段のこととなると、ラベルの合法性によって多くの違いが生まれます。

続きを読む 0 コメント

虫の来ないスキンバーム

ほのかに香るスキンバームは、害虫を追い払いながら、肌に滋養を与えてくれるでしょう。

 

ハエや蚊のような多くの飛ぶ害虫は、ユーカリプタスの香りが苦手。 

続きを読む 0 コメント

カンタン、家で作る虫除け

ウィッチヘーゼルとリンゴ酢ベース、この簡単なスプレーは害虫を寄せつけないはず。

 

 

今度、蚊や他の飛んで来る害虫が厄介な屋外で夜を過ごす時、この作り方を試してみよう。

 

続きを読む 0 コメント

天然の虫除け

 夏の月の間戸外にいると、必ず飛んだり這ったりする虫に会うことになりますよね。好ましいのと好ましくない両方の虫がいつも庭で争いあっている。どの庭にも役に立つ虫と害をなす虫がいる。庭で見つけられる有益なものは、トンボ、テントウムシとオサムシなど。それらはアブラムシ、毛虫やハダニのような植物を破壊する生き物を餌とします。これが環境をよく調和した状態に保つ自然な方法です。

続きを読む 0 コメント

煎じハーブの虫除け

安全で効果的な自然派虫除けに、フレッシュ・ハーブを組み合わせてみよう

 

ラベンダーとミントは、虫除けに使うことができる

続きを読む 0 コメント

ベストな有機肥料

窒素だけでなく、栄養素、ミネラル、有機物が豊富な天然の土壌改良を選択し、畑に栄養を与えよう。

続きを読む 0 コメント

生育困難な条件向けの薬用ハーブ 

 

日陰、湿地、乾燥環境下で元気に育つ薬用植物を選ぼう。

 

 

続きを読む 0 コメント

今年試したい有機栽培品種 

ここでスポットライトをあてているのは、2017年に入手可能な、素晴らしい有機栽培の新品種  —  春の植え付けと育苗に間に合うように。

続きを読む 0 コメント

ランの花を毎年咲かせ続ける

ランの花は、切り花の代用として人気が出てきています。でも、ほとんどの人は、花が落ちた後に捨ててしまいます。私は、温室や特別な世話なしで、ランに毎年花をつけさせる方法を学んだんです。

続きを読む 0 コメント

コーヒーテーブルのアップサイクル

僕はガラス天板のコーヒーテーブルを廃品で見つけて、ガラスを取って天地を逆にした。上面を土で満たしてハーブを育てる小さな揚床にしたよ。

続きを読む 0 コメント

収量の多い野菜を簡単に育てる方法

この新しい「残らず食べる青葉 (eat-all greens)」法を用いて、かつてないほど省力的に省スペースでもっと収穫しよう。

続きを読む 0 コメント

DIY 温室で 冬も栽培

太陽で加熱する建物内で食べ物を育てると、室内電灯で同様にするよりも、はるかに生産的。しかも費用の安い資材でできる。

続きを読む 0 コメント

ぜひ試したいトマト:風味を高め病害を防ぐ

お決まりのものだけを育てるのはやめよう。風味、活力 、病害耐性の高い、専門家おすすめの最高品種で、今シーズンのトマト区画に磨きをかけよう。

 

風味が一流のものやお勧めの病害抵抗性トマトいくつかも含めて、今年は新たにトマト品種をいくつか見出そう。

続きを読む 0 コメント

剪定用の自家製道具

私は、鈍くなってしまった剪定用の刃をいくつか持っている。それらは、新しい刃に交換された時に、納屋に取り残されている。壊れた斧の柄もその納屋に置いてあったので、その斧の柄にはさみの刃を付けて、小さい枝を切るのに十分鋭い、短い切る道具を作ることにした。

続きを読む 0 コメント

もう涙はいらない。玉ねぎの皮むき。野菜の煮汁の活用。

玉ねぎを切る間、どうやったら泣かずに済むか発見したのです。まな板の近くに1つ、2つの灯明を置き、玉ねぎを切る時に灯します。サルサや缶詰めを作るときはたくさんの玉ねぎを切るので、3つ全ての灯明に火を灯します。そうすると、なぜだかわからないけれど、涙が出なくなるのです!

続きを読む 0 コメント

自家製コンポスト

オフグリッド自給農園を4年かけて作成中。コンポスト容器についてはどうしたらよいのか悩んでいました。私はたった1人でここに住んでいるので、1人暮らしには大きすぎるような容器は考えたくなかったのです。その上、何も購入したくはありませんでした。

 

続きを読む 0 コメント

再利用できる軽いプランター

多くの多年生植物の移動が必要でした。次の春まで、ふさわしい場所に移植するまでどこか安全な所に保管したかったのです。何枚か空いた培養土の袋を試した後、それで素晴らしい仮のプランターが作れるのではと気づきました。

 

続きを読む 0 コメント