ベストな有機肥料

窒素だけでなく、栄養素、ミネラル、有機物が豊富な天然の土壌改良を選択し、畑に栄養を与えよう。

続きを読む 0 コメント

生育困難な条件向けの薬用ハーブ 

 

日陰、湿地、乾燥環境下で元気に育つ薬用植物を選ぼう。

 

 

続きを読む 0 コメント

今年試したい有機栽培品種 

ここでスポットライトをあてているのは、2017年に入手可能な、素晴らしい有機栽培の新品種  —  春の植え付けと育苗に間に合うように。

続きを読む 0 コメント

ランの花を毎年咲かせ続ける

ランの花は、切り花の代用として人気が出てきています。でも、ほとんどの人は、花が落ちた後に捨ててしまいます。私は、温室や特別な世話なしで、ランに毎年花をつけさせる方法を学んだんです。

続きを読む 0 コメント

コーヒーテーブルのアップサイクル

僕はガラス天板のコーヒーテーブルを廃品で見つけて、ガラスを取って天地を逆にした。上面を土で満たしてハーブを育てる小さな揚床にしたよ。

続きを読む 0 コメント

収量の多い野菜を簡単に育てる方法

この新しい「残らず食べる青葉 (eat-all greens)」法を用いて、かつてないほど省力的に省スペースでもっと収穫しよう。

続きを読む 0 コメント

DIY 温室で 冬も栽培

太陽で加熱する建物内で食べ物を育てると、室内電灯で同様にするよりも、はるかに生産的。しかも費用の安い資材でできる。

続きを読む 0 コメント

ぜひ試したいトマト:風味を高め病害を防ぐ

お決まりのものだけを育てるのはやめよう。風味、活力 、病害耐性の高い、専門家おすすめの最高品種で、今シーズンのトマト区画に磨きをかけよう。

 

風味が一流のものやお勧めの病害抵抗性トマトいくつかも含めて、今年は新たにトマト品種をいくつか見出そう。

続きを読む 0 コメント

剪定用の自家製道具

私は、鈍くなってしまった剪定用の刃をいくつか持っている。それらは、新しい刃に交換された時に、納屋に取り残されている。壊れた斧の柄もその納屋に置いてあったので、その斧の柄にはさみの刃を付けて、小さい枝を切るのに十分鋭い、短い切る道具を作ることにした。

続きを読む 0 コメント

もう涙はいらない。玉ねぎの皮むき。野菜の煮汁の活用。

玉ねぎを切る間、どうやったら泣かずに済むか発見したのです。まな板の近くに1つ、2つの灯明を置き、玉ねぎを切る時に灯します。サルサや缶詰めを作るときはたくさんの玉ねぎを切るので、3つ全ての灯明に火を灯します。そうすると、なぜだかわからないけれど、涙が出なくなるのです!

続きを読む 0 コメント

自家製コンポスト

オフグリッド自給農園を4年かけて作成中。コンポスト容器についてはどうしたらよいのか悩んでいました。私はたった1人でここに住んでいるので、1人暮らしには大きすぎるような容器は考えたくなかったのです。その上、何も購入したくはありませんでした。

 

続きを読む 0 コメント

再利用できる軽いプランター

多くの多年生植物の移動が必要でした。次の春まで、ふさわしい場所に移植するまでどこか安全な所に保管したかったのです。何枚か空いた培養土の袋を試した後、それで素晴らしい仮のプランターが作れるのではと気づきました。

 

続きを読む 0 コメント

無料の荷積パレットで栽培容器を底上げ

年を取るにつれ、体をいつも鍛えたり、庭仕事のやり方を変えたりすることで怪我を防ぐようにしている。私の発見した節約的な調整がある。無料の運搬用木製パレットを使用して植物を植えている箱に高さを付けることだ。これは前屈みになり腰を痛めることを防いでくれる。私はこのパレットを使用して、鉢植えの為の仕事台や、コンポスト用の大きい箱を作った。

 

 

続きを読む 0 コメント

ハンギングバスケットの中敷をDIY

ハンギングバスケットのココヤシの繊維の中敷は、 水が漏れるし、 毎年変えなければいけないので、私はもう飽き飽きしていた。そして他の方法を思いついた。鉢植え用土の大きい袋を空にした後、袋の中が真っ白なのに気づいた。 袋を裏返し ハンギングバスケットの大きさに合わせて丸く切り、この厚いビニールシートを バスケットの中に敷いた。少したたんだり、挟み込んだりすると瀬戸物の容器のようになった。 

 

続きを読む 0 コメント

コールラビとローズマリーの育て方と料理法

コールラビの調理法を知り、ローズマリーの育て方のコツを知ろう。このカリカリした作物が簡単コールラビのレシピでローズマリーとよく合うことに驚くだろう。

 

 コールラビとローズマリーの組み合わせは素晴らしく、寒い時期でもとても元気に育つ。

 

続きを読む 0 コメント

有機栽培用ホウレンソウの新種 (Abundant Bloomsdale) が登場

アバンダント・ブルームスデールは、米国のオーガニック・シード・アライアンス (Organic Seed Alliance) との共同開発で生まれた。有機栽培で旺盛に繁殖するホウレンソウで、特に米国北西岸地域に適している。

 育種家や農家の間で、有機栽培に耐えるホウレンソウ「アバンダント・ブルームスデール」が人気だ。

続きを読む 0 コメント

菜園家の食卓:ルッコラとカブの栽培

寒い時期の菜園でコリコリしたカブとルッコラを育てて、キッチンで旨味の効いた風味を組み合わせよう。

 

続きを読む 0 コメント

クリーミーなかぶのスープのレシピ

寒い季節にぴったりのかぶのスープ。まろやかな味わいの日本品種のかぶと葉も使います。 

分量:4~6人分

続きを読む 0 コメント

育苗:自家菜園の簡単なステップ

こんな実用的な手法から独創的な案を集めて、今度の春には家で苗を健康的 に芽生えさせよう。

 

 室内であなた自身の苗づくりができたら、多額な費用を節約できるだけではなく、作物の品種を選べて全く新しい世界が広がる。家庭で育苗からはじめると、ほとんどの園芸センターで手に入る「家庭菜園用の品種」の植物に限定されない。アメリカ中の通販の種会社から試してみたいどんな種でも(例えば、病気に耐性のあるもの、有機的に育てられたもの、固定種、珍しい在来種など)注文して、自身で発芽させることができる。

続きを読む 0 コメント

収穫の価値を高める:野菜の美

この際立つポートレートでリン・カーリン (Lynn Karlin)のビジョンを垣間見られる。

 

 菜園家が自分の野菜を育てようとする理由は様々だ。汚染されてない食物、食物の安全性、家庭の慣習や文化的伝統、採れたての風味、ストレス解消、栄養の向上など、他にもいろいろな理由がある。私たちのトマトは甘く舌鼓を打つような風味があるが、重大な思惑と目的もある。

 

続きを読む 0 コメント