パーマカルチャー9つの実践法

あなたの土地で自然の特性を育むためにパーマカルチャーを適用しよう。

 

続きを読む 0 コメント

熱気が出てきた中国式温室

エネルギー効率の高いパッシブソーラー温室で太陽の潜在能力を最大限に引き出し、暖かいシーズンの植物を年間暖房をほぼまたは全く使わずに成長させよう。

 

この女性は、外気温がマイナス25℃に低下した場合でも、インドのラダックにあるパッシブソーラー温室で、冬にさしかかるまで長く野菜を育てることができる。

続きを読む 0 コメント

極上ソースと斬新なビン詰め用の滅茶うまトマト

トマト通のオーガニック菜園家が、風味、確実性、何年にもわたる経験からお勧めするお気に入りの栽培品種。

 

 

(写真)

ソースやビン詰め用に最高なトマトを見つけよう。

続きを読む 0 コメント

クリーミーなカリフラワーとリーキスープのレシピ

この非乳製品カリフラワースープは、自家製の鶏だしで完璧です。

分量:4人前

 

続きを読む 0 コメント

白豆とキャベツのスープ

簡単な材料の組み合わせでスープを作る時、各成分が役目を果たさなければならない。乾燥チョリソーは素晴らしい風味を加え、ソーセージのパプリカはスープに彩を添える。

続きを読む 0 コメント

貯蔵庫の野菜から冬スープ

栄養のあるブロスの基本から始めて、これらのレシピでしまってある冬野菜を披露しよう。

自家製の鶏だしを作って、カリフラワーと西洋ねぎのスープ、かぼちゃスープ、白豆とキャベツスープのレシピを試してみよう。

だしがないと始まらない。だしがあれば、スープの素になる。だしが自家製であれば、さらに良い。

 

続きを読む 0 コメント

焼きカボチャスープのリンゴとベーコン添えのレシピ

 

このスープには、スジのあまりないカボチャを使うのがベストで、醤油からの旨味が加えられている。

4−6人前 

 

続きを読む 0 コメント

シロップの作り方:白樺、クルミ、 スズカケ

多分、最初に私有林を調査した時の最大の失望は、全農場に1本もサトウカエデの木がないと分かったことだった。とは言え、サトウカエデの木の樹液を取らせてくれる隣人がいて十分幸運だ。私は、森からより多くの食物を生む他の機会を探すことにした。アラスカ南東部に住んでいた時に初めて出会ったカバノキのシロップ作りを探究し始めた。カバノキのシロップの後すぐに、世界中の50種以上の木から得られる樹液とシロップの世界の全容を発見した。

続きを読む 0 コメント

やさしい非電化冷蔵庫

おしゃれで自然にやさしい冷蔵庫。コブハウスに備え付け。

続きを読む 0 コメント

白いポテトパンの基本レシピ

私の祖母は、マッシュポテトを作るとき、ひとり一つずつに加えてもう一つを「パン鍋用に」調理することを教えてくれたが、私はいつももっとたくさん追加。もしかしたら叔母も同じだったかもしれないが。私はたくさん良いバターとミルクを使って、マッシュポテトを作る。残ったものは(約1カップ毎に)袋詰めしてから、冷凍用のジッパー袋に入れる。

 

続きを読む 0 コメント

オートミールパンのレシピ

ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチの絶対的なベスト、オートミールパンは、タンパク質と鉄分が高い。

 

続きを読む 0 コメント

自家製サンドイッチパン:ジャガイモ、オーツ麦、小麦、ライ麦のレシピ

サンドイッチのパンを家庭で焼き上げてお金を節約し、キッチンを温めよう。ジャガイモパンのレシピ、オーツ麦パンのレシピ、健康的な白パン、ライ麦パンをお試あれ。

 

白パンやライ麦パンのレシピを作る際に使用する発酵種のバッチを混ぜるか、それを使ってハンバーガーのためにチャバッタのバンズを作る。

続きを読む 0 コメント

スイートポテトプディングのレシピ

スパイスとクリームを使ったこのやみつきスイートポテトプディングは、カリカリしてないスイートポテトパイのようなもの。ピーカンのスイートポテトプディングは、クラストのないカボチャパイのようなもの。分量:6人前。

続きを読む 0 コメント

スパイシーなスイートポテトのフライドシャロット入りスープのレシピ

この辛いスイートポテトのスープで寒い季節も暖かに。トッピングにカリカリのフライドシャロットを入れて。

スパイシーなスイートポテトのスープは、冬の季節に熱帯の風味を感じさせる。分量:6人前。

 

続きを読む 0 コメント

焼きスイートポテトのベーコンとシャロット添えのレシピ

あなたが育てたスイートポテトで調理してみよう。焼きスイートポテトにベーコンと丸ごと焼いたシャーロットをうまくカラメル状にして、それぞれの風味を引き出す。

続きを読む 0 コメント

発酵種のサンドイッチパン(とピザ生地)

ヨーロッパのパンは、「ポーリッシュ」とか「ビガ」と呼ばれるオーバーナイト発酵種(冷蔵中種)で作られることが多い。ピーター・ラインハート(『The Bread Bakers Apprentice(パン職人の見習い)』)の著者)から学んだ超簡単な生地の作り方のおかげで、私は素早く、美味しくて風味豊かなサンドイッチパンが作れるようになった。こちらをご覧あれ。

続きを読む 0 コメント

基本に忠実なフランスパンレシピ

イギリスやアメリカの料理本に登場するフランスパンの歴史から取り出した古典的なフランスパンの作り方を紹介するので、作ってみて欲しい。フランスパンを使ったクルトン、シナモントースト、パンプティングなど様々なレシピからも、何か1つ試してはいかがだろうか。

 こねて作らないこのパンは、まるでケーキのような食感をしている。自家製のジャムやバターによく合う。

続きを読む 0 コメント

発酵種を使ってライ麦パンを作ろう

ライ麦パンは作りにくい。失敗ばかり。パンを焼いたことのある人の多くがそう思っているだろう。このレシピなら心配ご無用。中はしっとりふわふわ、外は噛みごたえのある、まるで一流店のようなパンに焼き上がる。平型を使って2斤にしてもよし。大きな丸型一つ、あるいは小型を二つ作ってもよし。歯ごたえのある堅めのロールパンにすれば、食べごたえのあるサンドウィッチができる。砂糖と油は少量しか使わないので、低カロリー・繊維質豊富で、しかもおいしい。

続きを読む 0 コメント

冬の味わいスイートポテトとシャロット

貯蔵された根菜を手に入れられることは、家庭菜園家/料理人に、安らぎを与える。それらはいつもそこにいて、素朴な味で食事の量を増やしてくれる。しかし、時には夏に栽培できる豊富な種類の野菜が欲しくなる。そこで、家庭ではあまり栽培されないが、料理では人気の新しい貯蔵作物を試してみよう。スイートポテトを一区画植えたり、またはスイートポテトから生えた芽を育てるのはどう? そして、グルメの御馳走のために、シャロットを植えてはどう?どちらも成長しやすく、根菜の貯蔵庫の湿った寒さを必要としない(というよりも、よくない)ので、維持しやすい。 スイートポテトとシャロットは一緒に調理しても良く合う、一つは贅沢に甘く、片方はピリッとして、それぞれ独特で微妙な味わいがある。

続きを読む 0 コメント

掘り出し物: 地域のためのコンポストビジネス

フェニックスの若い会社が鉱脈を掘り当てた。食料残渣を再利用してリサイクルすることで、消費者、事業者、土地、そして埋立てが助かっている。

続きを読む 0 コメント