菜園家の応急処置:効くもの、その理由

 堆肥を運び、植床を掘起こし、気の短い家畜の世話をするのは、農場や菜園の作業のほんの一例だが、体にこたえる。健康なぢきゅう人(自給農的に暮らす人)でも、虫刺されや日焼けにはなりやすい。幸い、たぶんご自宅には、ちょっとした病気用のシンプルな治癒薬が常備されていることだろう。

以下の治癒薬は、Barbara Seeber、Barbara Brownell Grogan と私の共著「500 Time-Tested Home Remedies and the Science Behind Them」からの転載で、虫刺されや向こうずねの打ち身から、水ぶくれ、火傷や腰痛まで何でも和らげるものだ。


有毒な植物:アイビー、オーク、ウルシ

 予防:痒みや水膨れを起こすこの3種類の植物から身を守る最適な方法は、この植物が生えている可能性のある場所で作業する時に、ズボン、長袖、手袋などの防御服を着ることだ。あなたの皮膚または服が、これらの葉に触れたと思ったら、直ちに服を脱ぎ、服を

熱いお湯で洗い、シャワーを浴びる。もし、手や腕が葉に触れたら、出来るだけ早くその部分をTecnu などの肌用洗剤で洗う。この洗剤は、植物が出す水膨れを起こすウルシオールを取除くように作られている。人によっては、これらの植物に対して、深刻なアレルギー反応があるが、完全に抵抗力を持つ人もいる。もしも、アレルギーがあると分かっているなら外で作業する前に、Ivy X Pre-Contact Skin Solution 等の予防用保護クリームを塗ったほうが良いだろう。

 治療:もし水膨れと共に酷い発疹が出たら、痒みを抑えるため、このオートミール風呂とオートミールペーストの応急処置の手法に従おう。オーツ麦(学名:Avena sativa)は 抗酸化と消炎効果の特質を持つ。肌に塗ると、潤いを与え、痒みを抑える。オートミール風呂を沸かすには、掃除が楽になるように、2、3カップのロールオーツかコロイド状のオーツ麦を靴下、布、袋またはバンダナに詰める。(コロイド状のオーツ麦を作るには、オーツ麦をフードプロセッサーにかけて粉状に。)靴下を湯の入った湯船に入れる。湯船に15分間以上浸かる。石鹸の使用は、肌を乾燥させ、さらに痒みを増すので避ける。

 オートミールペーストを作るには、コロイド状のオーツ麦大さじ1をベーキングソーダ小さじ1に混ぜる。ペースト状になるのに十分な量の水をゆっくりと加え、よく混ぜる。痒い部分に塗る。乾いたら、温水でペーストを洗い流す。

虫咬まれ、虫刺され

 治療:ラベンダー(学名: Lavandula angustifolia)には消炎、鎮痛(痛み止め)、鎮静効果がある。ラベンダーを染込ませて冷凍した布か、ラベンダーとベーキンソーダの簡単なペーストをすぐ使えるよう常備し、毒のある変な受粉媒介者と次に会う時に備える。

 ラベンダーを染込ませて冷凍した布を作るには、お手拭きの大きさのタオルを濡らし、絞って余分な水を切る。ラベンダーエッセンシャルオイルを濡らしたタオルに5滴垂らし、口を閉じられるビニール袋に入れ冷凍庫に保管。刺されたら、タオルを袋から出し、炎症した部分に直接当てる。腫れを抑え、痛みを和らげる。

 ラベンダー3滴と重曹小さじ1を試しても良い。これは、蜂とファイアーアントの毒が持つ酸を中和するのに役立つことで知られている。ペースト状にするのに十分な水を混ぜ、刺された場所に塗る。30分後またはペーストが乾いたら取除く。必要に応じてまた塗る。

 オオバコPlantain(学名: Plantago)はよくある雑草(バナナ似の果物 Plantainと混同しないように)で、痛み止め、収れん性、程よく抗菌性のある物質を含み、この3つの特性が虫刺されや軽い擦り傷を治すのに有益。2012年の研究では、ネズミの肌細胞はオオバコが塗られた時、塗られないグループと比べて早く治ったという。

 次に、虫刺されや、小さい傷を作った時は、5〜10のオオバコの葉を集め、有効成分のタンニンを出すために指でよく揉む。水っぽくなった繊維を30秒間患部にあてる。必要に応じて繰返す。。。

 

 

First-Aid Tips for Gardeners and Farmers

By Linda B. White, M.D. 

April/May 2015