家庭菜園の典型的な失敗を避けるには

これから説明する点に気を付けることで、家庭菜園で移植ごてを泥まみれにしているだけの人々は、農作物への施肥、苗の間隔、害虫防除などに関する、食糧を栽培する際の典型的な6つの失敗を避けることができる。

  あなたは家庭菜園初心者だろうか?1年目は、手入れの行き届いた管理しやすい菜園を創ることに焦点を当て、手を広げすぎるという家庭菜園の典型的な失敗に陥らないようにしよう。

  完璧な家庭菜園などというものが存在しないのと同様、完璧な家庭菜園を創れる人も存在しない。私たちはみな失敗する。だがその際に二度と繰り返さない失敗は何かを学び、その過程で家庭菜園の日々の作業に加える抜け目のない方策を発見する。では、家庭菜園を行う上で最大の大失敗とは何だろうか?私は以下の家庭菜園の典型的な6つの失敗をいずれも経験したが、有機栽培で野菜を育てる多くの人々と話をして、失敗は私1人ではないことを知っている。私たちの失敗から学ぶことで、悪戦苦闘せずに幸先のよいスタートを切ってほしい。

 

1. 手を広げすぎる

  春先になると、家庭菜園をする人々はわくわくして大きな夢を抱いてしまう。そして作付けた一つ一つの植物に、その後のお手入れが必要であることを容易に忘れてしまう。それに気付く前に、あなたの春の野心は手に負えない夏の現実に代わるだろう。草取り、水やり、間引き、種まき/植え付け、剪定、支柱立て、収穫、、、これらが一度にやってきて何週間も続くのだ!

  もしあなたが家庭菜園初心者なら、2、3畝と小さく始めれば、育てている個々の作物に集中し、そのニーズをよりよく理解することができるので、成功する確率が大いに高まるだろう。10種類の珍しいトマトやありとあらゆる唐辛子を試すのではなく、それぞれ1つか2つを選び、植物の世話をする自信をつけるのだ。

  もう1つの賢いアイデアは、生育期間の各時期(ほとんどの気候では春、夏、秋)に世話をする種類の異なる野菜の数を制限することだ。野菜苗は菜園で最初の1か月に最も手間がかかる。そこで、一度に育てる幼苗を3、4種類に絞ることで、遅れずに手入れをすることができる。例えば、早春にジャガイモとサラダグリーン、スナップエンドウ、晩春から夏にかけて唐辛子、カボチャ、トマト、そして夏の終わりから秋にかけてキャベツ、ニンジン、ホウレンソウを育てるのだ。

  手を広げすぎるのを避けるために、鉢や容器だけで菜園を始める人もいる。そのほうが簡単だと思ってそうするのだが、多くの場合それは正しくない。容器は根が広がるのを制限し、植物は容易に水ストレス状態になり、暑い日にはかなり暖かくなってしまうのだ。一方、肥沃でマルチを敷いた畝で育つ同じ植物は、一貫して根を涼しく保つ。容器の中でよく育つ作物は、ナス、唐辛子、トマトなど暑さに強い植物である。これらは、大きな鉢で十分な水がある限りは、根の温度が暖かくなっても耐えることができる。それでもなお夏の最も暑い期間は、容器で育てる作物には1日2回水やりをする必要があるかもしれないが、これが主な仕事である。それと比べて菜園の植物には週に2、3回水やりをすればよい。

  即席の「袋の菜園」の方法では、袋の底に切れ目を入れることで根が下の土の中に入っていくことができるため、掘らない選択肢として容器よりも良い。さらに、土の湿度を保つのを助けるために袋にマルチを敷くこともできる。

 

2. 天気を甘く見る

  どんな気候も、ある野菜にはよい気候で、別の野菜には過酷な気候となる。そのため高温を好むオクラはメンフィスでは伸び放題だが、ミネアポリスでは成長しづらい。自分の地域に適応する作物を育てることを選ぶことは、とても素晴らしい最初の一歩だ。それでも、荒天から植物を守るためのさらなる対策が必要になるだろう。

  春は、すがすがしい晴れの日と寒い日や風の強い日(もしくは寒くて風の強い日)が交互にやってくるため、特に危険な季節となることがある。春の幼苗に牛乳ボトルや畝を覆うトンネルをかけると、苗のストレスを抑えることができる。また、もし嵐の起こりやすい地域に住んでいる場合は、ヒョウに打たれるのも防ぐことができる。作物によっては、畝を覆うことは害虫防除の重要な対策でもある。つまり、畝を覆うことであなたが家庭菜園の経験を積むのと同時に、覆いは2つの役目を果たしてくれるのである。

  暖かい季節の作物に共通する失敗は、早く植えすぎることだ。暖かい季節の植物は冷たい土の中では育たないため、早すぎる時期に始めようとするより、暖かい季節が安定し土が温まるのを待った方がよい。暖かい土と天気が必要な植物には豆類、コーン、キュウリ、ナス、メロン、唐辛子、トマトなどがある。待っている間に、低めの温度の土で育ち、少々の霜に耐えられるブロッコリー、キャベツ、カラードグリーン【ケールの一種】、ケール、ニラネギ、エンドウ豆、ラディッシュ、ホウレンソウのいずれかの作物を植えればよい。


翻訳全文は6月末発行予定。

購読登録はこちらからどうぞ。

 

Avoid Common Gardening Mistakes

By Barbara Pleasant 

June/July 2015