GRIT 新聞 1918年のスペイン・インフルエンザ・パンデミック

スペインのインフルエンザ流行に関する GRIT(姉妹誌)1918年の新聞記事をチェックしてみてください。

pastedGraphic.png

 

 

20207月・8 

 

 

ここでは、GRIT1918-19年に流行したインフルエンザをどのように取り上げていたかをアーカイブからご紹介します。 

1918年春から1919年秋にかけて、「スペイン風邪」は世界中で推定5億人に感染し、少なくとも5,000万人(米国では675,000人)が死亡したと疾病対策センターは発表しています。正確な記録がないため、正確な死者数は不明です。

 これだけの死者が出ているのだから、週刊誌「GRIT」を含め、その日のニュースは報道や警告、流行の最新情報で溢れているだろうと思われた。しかし、1918年春にカンザス州の基地にいた軍人が発病したことをきっかけに、アメリカ国内で初めて注目されたこの病気の第一波の間、人々は第一次世界大戦の終結と禁酒法の見通しに注目していたように見えました。しかし、1918年の秋には、インフルエンザが致命的な形で再登場したため、人々の関心は変わり始めました。

 19195月まで続いたこの第2の波は、第1の波よりもさらに致命的であることが証明されることになります。191810月から11月までのGRITの報道のスナップショットを読むと、コロナウイルスのパンデミックが今日の私たちのあらゆる部分に影響を与えているのと同じように、そのパンデミックが当時の国の生活のあらゆる側面に影響を与え始めていたことがわかります。

 

pastedGraphic_1.pngpastedGraphic_2.png

これらの191810月の切り抜きには、地元の軍の野営地でインフルエンザが再び健康な若い兵士の命を奪っていたことが書かれているが、それは前年の春にカンザス州のフォート・ライリーで最初にインフルエンザが発生した時と同じようなものだった。

 

pastedGraphic_3.png

19181020日号より、入院を必要とする患者が急増したことで、地方の病院が追い詰められている様子が書かれている。

 

pastedGraphic_4.pngpastedGraphic_5.png

扱っていたのはウイルスであり、細菌ではないことを理解する技術を欠いていましたが、「実績のある」治療法や治療法を宣伝する日和見主義的な物売りがたくさんいた。

 

pastedGraphic_6.png

この19181027日の切り抜きは、病院が定員に達したことに対応して、医療用テント都市が出現し始めたことを説明している。また、"Everybody Wears ‘Em(全員着用) "を宣言するキャプションとマスクをした衛生作業員の写真にも注目しください。

 

pastedGraphic_7.png

1918113日号までには、拡大するパンデミックは、一面トップを正当化するのに十分な大きさの話であることが明らかになっていた。

pastedGraphic_8.png

死者数の増加は、1918年11月初旬の新聞で当然のごとく死亡記事欄が拡大された。

 

GRIT Newspaper 1918 Spanish Flu Pandemic

July/August 2020 

 

1918 GRIT Archives

 

たのしい暮らしをつくるマザーアースニューズ購読登録はこちらからどうぞ