ファーマーズ・マーケットでの正しい質問の仕方

ファーマーズ・マーケットの偽物を、この質問で確認してみよう。

 

グリーンウォッシュ製品に騙されないよう、ファーマーズマーケットで質問をしよう。Photo by Getty Images/Philou73

翻訳:大本 清子

 

ファーマーズマーケットは、地元で持続的な環境のもとに育てられた食品を売っているとの評判ですが、グリーンウォッシュ [自然環境に配慮していないのに、そのように装うこと] もよく起きています。法規制の対象になっていない「ナチュラル」とか「無散布」といった言葉を使い、その言葉の持つ意味以上のことを匂わせながら、卸売価格で購入した大規模生産の農産物を地元産と偽り、客につかませます。オーガニック認証を受けた生産物だけを購入していれば、この問題は避けることができますが、多くのファーマーズマーケットには、オーガニック認証を受けた販売者はいません。

 混乱を避けるために、コーヌコピア研究所(Cornucopia Institute:農業や食糧政策の調査グループ)は、買い物客に業者を調べるための知識を授ける総合的なガイドを作りました。ガイドには、オーガニック認定員が調査時にする質問から着想を得て、業者の農業の信条や日々の手法に関する鍵となる質問が用意されています。質問はマーケットで売られている商品の詳細な情報を引き出すために考えられています。コーヌコピアは買い物客にファーマーズマーケットの偽物の避け方を教えると同時に、客が直接農家と食べ物について気兼ねなく話し合うことができるようになって欲しいと願っています。

 質問は3つの大きなカテゴリーに分かれています。どこから来たか、どのように育てられたか、どのように飼育されたかです。一例として、どんな肥料を使っているかはもちろん、どのように害虫や雑草や病気を抑えているかも、客は業者に尋ねるように勧めています。被覆 作物や手取りの除草、輪作、それ以外に肥沃な土壌にするべく作業している証拠についても、持続可能性を考える買い物客なら、質問すべきでしょう。もし業者がこのような質問の答えに窮しているなら、コーヌコピアは、違うブースで買うよう勧めています。

 コーヌコピアのガイドは、持続可能なやり方で作られた肉の他、多くの分かりにくい用語で説明されている食品についても確認する適切な質問についても言及しています。

 小規模農家は大抵、持続可能性について熱心に取り組みますが、オーガニック認証の費用や負担は避けることが多いです。コーヌコピアは食品を確認するための方法を提供し、食品業界の全ての段階において環境の持続可能性を一番大切に考える農家を経済的に支えたいと思っています。

 ネット上で、全てのガイドを見るか、印刷できるポケットガイドを手に入れましょう。

 

たのしい暮らしをつくる

マザーアースニューズ

購読登録はこちらからどうぞ

 

How to Ask the Right Questions at a Farmers Market