もっと良い養蜂箱を作る方法(手順付)

ミツバチにとって可能な限りベストな養蜂箱を作りつつお金を節約するために、レイエンズの横型養蜂箱を自分自身で作ろう

 

 

文:レオ・シャラスキン (Leo Sharashkin)

図:レン・チャーチル (Len Churchhill)

翻訳:沓名 輝政

 

レイエンズ式養蜂箱 (Layens hive) は19世紀にジョワジズ・ドゥ・レイエンズ (Georges de Layens) によって考案された格段に深い巣枠を持つ独特な横型養蜂箱です。 今日、100万個を超えて使用されているのが、このモデルの養蜂箱で、私(そして私のミツバチ)が好む養蜂箱です。

 このタイプの養蜂箱は、寒冷な気候の中でも、越冬が上手くいき、急速な春のコロニーの形成に理想的です。 このモデルは、夏の熱と冬の寒さからミツバチを保護する4cmの壁を備えています。 このバージョンでは14枚のレイエンズ巣枠(18枚のラングストロス式巣枠に相当)が入り、溢れ出る蜂蜜が20kgまで保持されます。さらに豊富に蜂蜜が流れでるような地域に住んでいる場合は、追加したい巣枠ごとに養蜂箱を3cm長くするだけです。 使う地域や管理者の選択次第で、レイエンズ式養蜂箱は12〜30の巣枠で構成されます。

 

養蜂箱の計画

 

作り方

養蜂箱を製作したことがないと、作る見通しをたてるのに怖気付いてしまうかもしれませんね。 それでは詳しくみて行きましょう。養蜂箱は、蓋付きの長方形の箱です。 手鋸、ハンマー、彫刻刀で作ることができます。 生産性を高めるために、テーブルソーと電動ドリルを使用することができます。 小型ルーターと幅の狭い針のタッカー [建築用ホッチキス] につないだエアコンプレッサーなら、作業がさらにスピードアップします。 レイエンズ養蜂箱の製作に費やすのを1日にすることが期待できます。

 読者のみなさん自身の工具、作業スペース、または木工技術なしで養蜂箱を製作することもできます。 私は以前、養蜂箱の製作パーティーを開催しました。自分の道具を持参した17人で、一日に33の養蜂箱や捕獲箱を作りました。それ以前には木工経験のなかった参加者でさえ、役立つスキルを習得し、自分用の箱を家に持ち帰りました。 それでは、自分のものを作る方法を見てみましょう。

 

材料

無垢の 2 x 10 板、長さ 4.2 m・・・1枚

無垢の 1 x 8 板、長さ 2.5 m・・・1枚

1/4 インチ (6mm) 厚の防腐処理などのない合板外壁材、最低 26-5/8 x 18-7/16 (68 cm x 47 cm)・・・1枚

3 インチ (76mm) のウッドデッキビス・・・16本

木工用ボンド

1-1/2 インチ (38mm) のステープル(タッカーの針)または 1-1/4 インチ (32mm) のウッドデッキビスまたは釘・・・50本

1 インチ (25mm) のステープルまたは 1/4 インチ (6mm) の釘・・・20本

3/8 インチ (10mm) の T50 ステープル・・・50本

20 x 30 インチ (51 x 76 cm) のアルミニウムの雨押さえ

1 x 20 インチ (2.5 x 51 cm) のスチールまたはアルミニウムの虫除け網

幅広の塗装ブラシ

1パイント (0.47L) 外装アクリル下塗り塗料プライマー/シーラー

1パイントの淡色の屋外用アクリル塗料

 

工具

巻尺
スライドソー
テーブルソー
丸ノコの刃のセット(オプション)

1/4 インチ (6mm) と 1/2 インチ (13mm) のストレートビットと45度の面取りビットのルータ
コーナークランプ(オプション)
差し金

1/2インチ (13mm) のドリルビットを備えたコードレスドリル

幅の狭い針のタッカー
T50 タッカー

万能ナイフ

金切りバサミ

 

1. 2 x 10 の板を 21-7/8 インチ (55cm) で 4 枚、161-1/16 インチ (409cm) で 4 枚に切り出します。 8 枚の板すべてを 9-1/8 インチ (23.5cm) 幅で切り出します。これが養蜂箱の壁になります。

 

2. 丸ノコの刃のセットとテーブルソーまたは 1/2 インチルータービットが付属されたルータを使用して、1/2 x 1/2 インチの実を長い板 2 枚と短い板2枚の片側に沿って作り、さねはぎ接合を準備します。組み合わせる別の長い板 2 枚と短い板 2 枚の片側に沿って1/2 x 1/2 インチの溝をカットします。

 

 

3. 溝を付けた長い板 1 枚の溝とは反対側の縁に沿って 7/16 x 3/8 (11 x 10mm) の溝を切ります。これが巣枠のはまる溝になります。

 

 

4. 実を切った長い板の実とは反対側に 5/16 x 13/16 インチ (8 x 21mm) の溝を切ります。

 

測定

 

5. 実を切った短い板に 13/16 x 13/16 インチ (21 x 21mm) の溝を切って、それぞれ突き当りから 3/16 インチ (5mm) 手前で止めます。

 

。。。 全文は定期購読でおたのしみください 。。。

 

あなたのレイエンズ養蜂箱はもうミツバチを受け入れる準備ができています。 巣枠の上桟は素晴らしい天井を作り、養蜂箱の内部に暖かさを保ち、見回りしてもミツバチを極力動揺させません。 巣枠の上のスペースで換気され、冬の間は断熱材で満たせます。 厚い壁と深く比較的狭い巣は、木の空洞を模しています。

 

もちろん、最高の瞬間は、使用中にやって来ます。 レイエンズ養蜂箱を使うと嬉しいですよ。深い巣枠に蜂蜜が豊富にたまり、ミツバチが素晴らしく越冬し、春には餌を与えずとも力強く立ち上がり、四季を通して優れています。 この養蜂箱は簡単な管理のために設計されたもので、1年に2回だけ養蜂箱を見回ればよいです。しかも、廃材を使って作ることもでき、詳しくは私の別の記事「廃材から養蜂箱をつくる」で学べます。

 

 

たのしい暮らしをつくるマザーアースニューズ

購読登録はこちらからどうぞ

 

How to Build a Better Bee Hive, Step-by-Step

August/September 2018