二刀流のDIY潅水システム

ソーカーホースと点滴灌漑の両方が付いた独自の潅水システムの作り方を読者がシェア。

 

この両用の潅水システムで、必要な場所にだけ水やり。Photo by Kurt Jacobson

 

翻訳:堀水 理佳代 

適切な水やりは、自分で野菜を栽培する上で最も重要な側面の1つです。私は、最近バージニア州へ旅行し、ヒルファーム (Hill Farm) を経営するスコットとスーザン・ヒルに出会いました。スコットとスーザンは彼らの引退を、利益を出せる農業ベンチャーに変えました。スーザンは運営の会計部分と栽培の名人です。スコットは建築家で修理人、そして、その他すべてを担当する人。彼は引退する前、米軍のヘリコプター保守点検のパイロットでした。彼の流体力学の技術が、この独特な二重給水システムの開発に発揮されています。

 スコットとスーザンは、これらの二重給水システムを、ヒルファームにある、上げ床と、露地の植え床と両方で使用しています。システムのある部分は一連の3つのソーカーホース(水が滲み出るホース)で構成され、他の部分は点滴灌漑を行います。スコットはヒルファームの井戸水を最大限に利用し、一年を通し、農場の驚くべき収穫を毎月支えるようこのシステムを作成しました。

 少しの時間と努力があれば、この二重給水システは、簡単に見つけられる部品と安い費用で制作することが出来ます。植え床の長さ、材料の品質にもよりますが、だいたい一つのユニットにつき、$60から$85の費用が掛かるでしょう。スコットは、質の高い素材を使用することを薦めます。彼の言葉をそのまま使うと「品質が良いほど、修理の必要が少なくて済む」という理由からです。自分でこのシステムを制作するには下記の物が必要です。

 

• ソーカーホース(水が滲み出るホース)、3本

• 点滴灌漑用のチューブ、1本

• ホース・エンドキャップ、4本

• メス型ホース接続コネクター、4 つ

• 直径1インチのPVCパイプ、5 フィート

• PVC止水栓、2つ

• クロス分岐PVCパイプ継手、1つ

• T型PVCパイプ継手、1つ

• エルボ PVCパイプ継手、 4つ

• オス型PVCホース継手、5つ

• PVCセメント

• ドリップ灌漑用のチューブの穴あけ機

• エミッタ(散水部材)

• 1/8~1/4インチのポリエチレンマイクロチューブ

• 1インチのパイプストラップ

 

 それぞれの植え床に必要な数のエミッタ、パイプストラップ、およびホースの長さは、最終的に植え床の長さで決まります。スコットはソーカーホースについては、あなたが必要な合計の長さに最も近い長さを、ドラム巻きから購入することを推めています。そして、あなたの植え床に最も上手く働く長さ丁度に切ることができます。 これらのロールは、一般に、50フィートから500フィートの範囲の長さで売られています。

 スコットはこうも提案しています。「私と同じ過ちをしないでください - 違うサイズのホースを混ぜないで。」オスとメスのホース接続コネクター/継手は単一サイズしかなく、5/8インチから3/4インチまでのホースに対応する様にできていますが、彼は3/4インチのホースだけを使用して彼のシステムを作りました。スコットは、過去に5/8インチのホースにこれらのコネクターを使用した場合、1ヶ月後にカップリングあたりでホースが割れる傾向があることを発見しました。植え床に大量の水が溢れてしまったので、彼は3/4インチのホースのみを使用することに決めました。

 植え床の幅は、二重給水システムの分岐部分を構成するPVCの長さを決定します。この作り方に記載されている分岐部分は、幅3フィートの植え床用ですが、この基本の分岐デザインを調整し、さまざまな幅の植え床に対応することができます。材料と部品を調達し、必要なホースの長さ、エミッタとソーカーホースの間隔がわかったら、あなたの植え床の横に、それら組み立て部品を並べて置いて見ることから始めましょう。こうすることで、PVC部品をセメントで接合し、ソーカーホースや灌漑チューブを必要な長さに切り始める前に、全ての部品がどの様に繋がるかを見ることができます。

  1. まずはソーカーホースとドリップ灌漑用チューブをあなたの植え床の長さに切断することから始めます。それぞれのホースの片側をふさぎ、反対側の端にメス型ホース接続コネクターを取り付けます。
  2. 幅3フィートの植え床用のPVC分岐部分を作成するには、PVCのパイプを10インチの長さ3個、4インチの長さ1個、2.5インチの長さ8個に切ります。10インチのパイプを長くまたは短く切断することで、幅の広い、または狭い植え床に対応でき、特定のニーズに合わせて適切な間隔のホースを作ることができます。
  3. 73ページの写真図面を参考にして、PVC継手とパイプを正しい構成で組み立ててください。
  4. PVCセメントを一つのジョイントに塗布し、ジョイントを隙間のないように押し込み、セメントが固まるまでジョイントを動かさないようにしっかりと抑えます。 それぞれのPVCの接続部品と継手を、この手順を繰り返して接続します。
  5. ドリップ灌水用チューブとソーカーホースをPVC分岐部分に取り付けます。
  6. ドリップ灌水チューブ用の穴開け器を使用して、必要な間隔でエミッタをドリップチューブに取り付けます(左上の写真を参照)。 エミッタにポリエチレンチューブを取り付けます。
  7. 1インチのパイプストラップを使用して、分岐部分とドリップ灌漑チューブを上げ床の枠に取り付けます。 また、露地の植え床の場合は、あなたが栽培している作物に必要な場所にドリップチューブを這わすことができます。
  8. 完成した給水システムに水源を取り付け、漏れをチェックし、ホースが適切に配置されているか評価し、止水栓が適切に機能することを確認します。

 

 さあ、ゆっくり座って、この給水システムがあなたの作物をどれだけうまく灌漑しているかを見て、驚いてください。 植物の葉に水を噴霧しないので、熱い太陽で葉がしおれるのを防ぐことができます。 また、植物の成長段階と年間の時期に基づいて給水システムを動かす時間決定をすると、水を節約できるでしょう。そして、このシステムを取り入れることで、水やりにかかる時間を節約し、成長時に長く渡って美しい作物の収穫と準備にもっと時間を費やすことができます。

カート・ジャコブソン

メリーランド州ノッティングガム

 

マザーアースニュースの灌漑のヒント

給水システムを設置するときは、次のヒントを覚えておきましょう。

マルチで覆う。湿気を保持し、太陽への露出が長引くことによるソーカーホースの劣化を防ぐには、ソーカーホースを約 5cm のマルチで覆います。 マルチのメリットについてさらに学ぶには、「菜園の 5 つの神話」の「神話 3」を参照してください。

詰まりを防ぐ。150メッシュのフィルターを使用して、ソーカーホースを詰まらせたり、潅水システムを停止したりする小さな粒子を除去してください。硬水であれば、カルシウムフィルターを使用してミネラルの堆積を低減してください。

適切にエミッタの間隔を空ける。植え床に並ぶ作物には、通常、ドリップチューブに沿って 30cm の間隔を空けてエミッタを配置するだけで十分です。一般に、ドリップチューブ 1 つで、2 条の小さな作物または 1 条の大きな作物に適切に水を供給することができます。

水平を保つ。 畝の上に植える場合は、チューブが水平になり、斜面上を畝方向に走るように、植え床を整えます。植え付けエリアとチューブが水平になるように方向付けることができない場合は、ダイヤフラム式圧力補正エミッタの助けを借りることができます。このタイプのエミッタは、畝の上または下を走るホース内の水圧の差を補うことによって、標準的なエミッタよりも斜面でより均一に水を供給します。

高低差を考慮する。水源が水面よりもはるかに高い場合は、安全な圧力を維持してホースが破裂するのを防ぐため、供給ラインに逆止弁を取り付ける必要があります。

常に適切に保管する。栽培時期の終わりに、ホースを慎重に取り外し、徹底的に清掃し、洗い流し、修理します。ホースを乾燥させましょう。蜘蛛や穴蜂などの虫や泥がホース内に入らないように両端を組み合わせるか蓋をしてください。ホースを日陰で保管し、紫外線から保護してください。

 

 

たのしい暮らしをつくる

マザーアースニューズ

購読登録はこちらからどうぞ

 

今号のかんたん購入は

こちらからどうぞ

 

How to Build a Drip Irrigation System

By Kurt Jacobson | April/May 2018