ソーラーで電気柵に給電する

この魅力的なスコットランド・ハイランドの牡牛は、電気柵のワイヤーをチェックしていますが、電気ショックから数秒離れたところにいるのに気付いていません。Photo by Adobe Stock/Trombax.

文:ジェフリー・R・ヤゴ (Jeffrey R. Yago)

翻訳:堀水 理佳代

 

電気フェンスは、基本的な手動工具で、過去に柵の設置をした事がなくてもインストールすることができます。 また、ソーラー電気柵エナジャイザーを追加することで、公共電力網(グリッド)への接続の必要性を排除して、設置をさらに簡単にします。

 それだけでなく、ソーラーで充電した畜電池を使用した電気柵エナジャイザーを使うと、あなたの土地に配置する際いろいろな応用が利き、必要な場所にグリッド接続の考慮なしでユニットを設置できます。

 公共の電力がダウンした時に、気ままな動物について心配する必要はありません。すでにある木製または金属製のフェンスに簡単に追加したり、一緒に使用することもできます。 ソーラー電気柵は、120ボルトの交流 (AC) で動作する電気柵エナジャイザーを設置する場合に比べて、特に遠隔地や、非常に大規模な電気柵システムにおいて柵の側に公共の電力網が通っていない場所で、魅力的な解決策を提供する可能性があります。

 

基本

 従来の公共電力と比べたソーラーパワーの長所を強調しすぎる前に、電気柵の基本を見直してみましょう。柵の種類、高さ、強度、材質、ワイヤーの間隔の選択は、あなたが、どんな動物を塀の中に入れるのか、またはどんな動物に塀の外にいてほしいのかによります。

 適切に設置された電気柵は、通電されたワイヤーと接触した動物(または人!)に深刻な害を及ぼすことはありません。 ほとんどの電気柵は、幾つかの軽い絶縁体の間に張られたわずか数本の裸線から構成されていますが、実は、フェンスはその強度ではなく、動物がフェンスへの恐怖を学ぶことにより、動物を中に閉じ込めています。

 初めて電気柵と接触をすると、ほとんどの動物は直ちに後退します。 しかし、通電されたワイヤーの間隔が離れすぎていると、動物は、ワイヤーに触れずに、頭を柵の反対側に出せる可能性があります。 首に刺さるような痛みを感じると、驚いた動物は後退する代わりに、飛び出して、間違いなく新しい柵も引きずって行ってしまうでしょう! このため、塀の中に入れる動物に合わせて、正しくワイヤーの間隔と柵のデザインをする必要があります。

 いくつかの電気柵システムは、明るい色の平らなテープまたはロープに織り込まれたワイヤーを使用します。 このタイプの電気柵の材料は、近づくと何が起きるかを動物が認識しやすくし、したがって、動物が全くそばに寄らないようになるのです。 馬や牛などのより大きな動物にとって、幅の広い電気柵テープを使用すると、裸線よりも見やすくなるため、扱いやすくなります。。。

 

たのしい暮らしをつくる

マザーアースニューズ

購読登録はこちらからどうぞ

 

Power an Electric Fence with Solar

By Jeffrey R. Yago

August/September 2017